1年を振り返って

各号の中から特に印象深かった記事を紹介します。オンライン版Nature ダイジェスト購読者の皆様は、全てのHTML記事(2011年〜)にアクセスいただけます。特別公開記事は、購読されていない方でもご覧いただけますが、ご登録(無料)が必要です。

nature.comでは、掲載から一定期間を経た記事(PDF)を無料公開しています。HTML版創刊以前の記事には無料でご覧いただけるものがございます。

  • 1月号

    1月号

    炭素を大気から取り出す技術が事業化目前

    大気中の二酸化炭素を直接捕捉して資源として再利用することは不可能ではないが、事業化はコスト面から困難だとみられていた。このほど2つの企業が、炭素捕捉・再生を行うプラントの拡大と改良を発表した。

    PDFをダウンロード

  • 2月号

    2月号

    遺伝子ドライブでマラリアと闘う

    マラリア原虫に対する耐性遺伝子を持つ蚊をマラリアに苦しむ地域に迅速に広めることができれば、この感染症を永久に根絶できる可能性がある。このほど、遺伝子ドライブでそれが実現でき得ることが示された。

    PDFをダウンロード

    酸化ストレスはがんの遠隔転移を抑制する

    活性酸素は、細胞にストレスを与え、がんのイニシエーション(発がんの第一段階)を促進すると考えられてきたが、今回、がんの転移を防ぐという有益な作用も持っていることが明らかになった。

    PDFをダウンロード

  • 3月号

    3月号

    がんの主な原因は「不運」?

    がんの発生に大きな影響を及ぼすのは環境要因なのか内的要因なのかをめぐり、研究者の間で論争が起きている。

    PDFをダウンロード

    人工知能が囲碁をマスター

    人間の思考をまねた人工知能が、囲碁でプロの棋士に勝利した!

    PDFをダウンロード

  • 4月号

    4月号

    品質保証ブームを巻き起こせ!

    ラボでの日々の実験に「品質保証」を取り入れてほしい。お金と時間を費やしてでも積極的に取り組む価値がある。それを知ってもらおうと奮闘している研究者がいる。

    PDFをダウンロード

  • 5月号

    5月号

    アルツハイマー病マウスで記憶が回復

    アルツハイマー病の患者でも記憶を形成できることを示唆する研究結果が発表され、新たな治療への期待が膨らんできた。

    PDFをダウンロード

  • 6月号

    6月号

    p値の誤用の蔓延に米国統計学会が警告

    科学者によるp値の誤用を止めるため、米国統計学会(ASA)が異例の声明を出した。

    PDFをダウンロード

  • 7月号

    7月号

    がんの進化を利用した治療戦略

    他のあらゆる生物と同じく、腫瘍にも自然選択が働いている。がんの治療法の開発にこの進化の原理を利用しようという動きが現在高まっている。

    PDFをダウンロード

    たるんだ肌を若返らせる薄膜

    塗布するだけで、たるんだ皮膚に若々しい弾性がよみがえる、透明なシリコンポリマーが開発された。

    PDFをダウンロード

  • 9月号

    9月号

    iPS細胞の10年

    人工多能性幹(iPS)細胞は、医療革命の訪れを告げる使者だと考えられた。しかしその発見から10年経った現在、iPS細胞はむしろ生物学の研究を大きく変えるツールとなりつつある。

    PDFをダウンロード

    琥珀に恐竜時代の鳥類の翼

    白亜紀の幼鳥の翼が、琥珀の小片の中からありのままの姿で発見された。その特徴の数々は、この原始的な鳥類が、現生鳥類とさほど変わらぬ翼を持っていたことを物語っている。

    PDFをダウンロード

  • 11月号

    11月号

    太陽系から最も近い恒星に、地球に似た惑星

    プロキシマ・ケンタウリの周りを公転する地球サイズの惑星には、液体の水があるかもしれない。もしかすると生物もいるかもしれない。

    PDFをダウンロード

  • 12月号

    12月号

    天才児の育て方

    並外れて優秀な児童の成長を長期にわたって追跡する研究から、21世紀をリードする科学者を育てるために必要なことが見えてきた。

    PDFをダウンロード

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度