Nature

Nature Index 2016 Japan

Nature Index 2016 Japanは、近年日本のハイインパクト論文発表数が減少傾向にあると報告。同時に、多くの機関が国内外の研究協力体制を強化していることを、肯定的な側面としてあげています。

Nature ダイジェスト

iPS細胞の10年

成体マウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入すると、胚性幹細胞のような見かけと振る舞いの細胞になる。2006年6月の国際幹細胞学会で山中伸弥博士が報告した細胞の再プログラム化...

今月の無料コンテンツ

Featured articles:

Nature 特別翻訳記事

Nature Supplements

Nature 日本語版 Focus

advertisement

オープンリサーチポータル

Open Research

オープンアクセスとは、学術研究結果にオンライン上で無料かつ無制限にアクセスできることをいいます。

Nature CommunicationsScientific Reports を初め、Nature Researchの出版物では、著者が自分の論文の出版形式を選択できるようになっています。

本サイトでは、オープンアクセスで出版できるジャーナルの一覧からオープンな研究データへの取り組みまで、幅広くオープンリサーチについての基本情報を提供しています。

Nature Microbiology

2016年1月創刊!
月刊オンラインジャーナル。微生物同士の相互作用をはじめ、宿主または環境との相互作用を含む、進化、生理学および細胞生物学あるいは社会的意義など、微生物に関するあらゆる分野を対象にしています。

創刊号無料公開中!2016年12月末まで

Nature Energy

2016年1月創刊!
月刊オンラインジャーナル。エネルギーの生成と貯蔵、供給と管理、さまざまな関係者のニーズや要求、エネルギー技術とエネルギー政策が社会に及ぼす影響などすべての側面を探究していきます。

創刊号無料公開中!2016年12月末まで

Nature Reviews Materials

2016年1月創刊!
材料科学と材料工学のあらゆる領域を対象にし、タイムリーで信頼性の高い「Review」と「Perspective」を掲載することを目的にした専門のレビュージャーナルです。

創刊号無料公開中!2016年12月末まで

今週の日本の研究論文

  • Nature Communications

    Male-killing symbiont damages host’s dosage-compensated sex chromosome to induce embryonic apoptosis

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月21日 | doi: 10.1038/ncomms12781

    Bioproduction Research Institute (BPRI), AIST

  • Nature Communications

    Spatiotemporal dynamics of lesion-induced axonal sprouting and its relation to functional architecture of the cerebellum

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月21日 | doi: 10.1038/ncomms12938

    Brain Research Institute (BRI), Niigata University

    Faculty / Graduate School of Medicine, UTokyo

  • Nature Communications

    Dephosphorylated parafibromin is a transcriptional coactivator of the Wnt/Hedgehog/Notch pathways

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月21日 | doi: 10.1038/ncomms12887

    Faculty / Graduate School of Medicine, UTokyo

    Center for Disease Biology and Integrative Medicine (CDBIM), UTokyo

    School of Medicine, Keio University

    Max Planck-The University of Tokyo Center of Integrative Inflammology (MPUTC)

    Core Research for Evolutional Science and Technology (CREST), JST

  • Nature Communications

    Spin–orbit coupled molecular quantum magnetism realized in inorganic solid

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月21日 | doi: 10.1038/ncomms12912

    RIKEN Interdisciplinary Theoretical Science Research Group (iTHES)

    RIKEN Computational Condensed Matter Physics Laboratory

  • Nature Communications

    Sub-10-fs control of dissociation pathways in the hydrogen molecular ion with a few-pulse attosecond pulse train

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月20日 | doi: 10.1038/ncomms12835

    RIKEN Center for Advanced Photonics (RAP)

    Department of Chemistry, UTokyo

  • Nature Photonics

    Quantum teleportation with independent sources and prior entanglement distribution over a network

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月19日 | doi: 10.1038/nphoton.2016.179

    Advanced ICT Research Institute, NICT

  • Nature Nanotechnology

    Direct observation of the layer-dependent electronic structure in phosphorene

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月19日 | doi: 10.1038/nnano.2016.171

    Advanced Materials Laboratory (AML), NIMS

  • Nature Materials

    Robust metastable skyrmions and their triangular–square lattice structural transition in a high-temperature chiral magnet

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月19日 | doi: 10.1038/nmat4752

    RIKEN Center for Emergent Matter Science (CEMS)

    Department of Advanced Materials Science, UTokyo

    Department of Applied Physics, UTokyo

  • Nature Materials

    Thermoelectric detection and imaging of propagating graphene plasmons

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月19日 | doi: 10.1038/nmat4755

    High Pressure Group, NIMS

  • Nature Materials

    Observation and coherent control of interface-induced electronic resonances in a field-effect transistor

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月19日 | doi: 10.1038/nmat4754

    Quantum Nanoelectronics Research Center (QNERC), Tokyo Tech

  • Nature Communications

    N-glycosylation enables high lateral mobility of GPI-anchored proteins at a molecular crowding threshold

  • Research Article全文

    Published date:2016年9月19日 | doi: 10.1038/ncomms12870

    WPI Institute for Integrated Cell-Material Sciences (WPI-iCeMS), Kyoto University

プライバシーマーク制度