日本で最も有益なオンライン科学情報コミュニティーに参加しよう

日本で最も有益な
オンライン科学情報
コミュニティーに参加しよう

ネイチャー・パブリッシング・グループに登録すると...

  • 毎週発行される Nature の最新日本語ハイライトにアクセス
  • 毎月発行される Nature ダイジェスト の特別公開記事にアクセス
  • my natureasiaで自分だけのカスタムページを作成
  • プレス用に毎週翻訳される Nature 関連誌の日本語ハイライトにアクセス
  • NPG各誌論文の目次アラートをEメールでいち早くお届け

無料登録

すでに登録した方 ログイン »

Nature ダイジェスト

天文光学で生体イメージング

星の光は大気を進む間に撹乱されるため、地上で撮影するとぼやけてしまう。だが、すばる望遠鏡は、地上にありながら高解像度画像を撮影できる。これは、光がどのように撹乱されたかを...

今月の無料コンテンツ

Featured articles:

Nature 特別翻訳記事

Nature Supplements

Nature 日本語版 Focus

advertisement

オープンアクセスについて

オープンアクセスについて

著者が自分の論文の出版形式を選択できるようになっています。出版形式には、従来の定期購読方式のほかに、オープンアクセスでの出版があります。オープンアクセスでの出版には、Article Processing Charge(APC)が発生します。

Nature Partner Journals

ネイチャー・パートナー・ジャーナル(NPJ)は、NPGが発行するオンライン限定オープンアクセスジャーナルの新シリーズです。NPJは世界的な出版パートナー(研究機関、財団、学術団体など)との協力のもとに発行されます。

Nature Plants

Nature Plants は、基礎研究と応用研究を幅広くカバーします。植物のすべての側面、そして、植物と広範な世界との相互作用に関する最高の研究論文の出版基盤となります。2015年1月創刊。現在投稿を募集しています。

Scientific Data

Scientific Data は、科学的に貴重なデータセットの記述を掲載する新しいオンライン限定のオープンアクセス誌です。2014年5月創刊。現在、投稿を募集中。

著者インタビュー

Nature Plants
Nature
Nature Communications

今週の日本の研究論文

  • Nature Immunology

    The methyltransferase Ezh2 controls cell adhesion and migration through direct methylation of the extranuclear regulatory protein talin

  • Research Article全文

    Published date:2015年5月1日 | doi: 10.1038/ni.3125

    Nagoya City University0.05

  • Nature Immunology

    Guanylate-binding proteins promote activation of the AIM2 inflammasome during infection with Francisella novicida

  • Research Article全文

    Published date:2015年5月1日 | doi: 10.1038/ni.3119

    Osaka University0.07

  • Nature Immunology

    The transcription factor IRF1 and guanylate-binding proteins target activation of the AIM2 inflammasome by Francisella infection

  • Research Article全文

    Published date:2015年5月1日 | doi: 10.1038/ni.3118

    Osaka University0.13

  • Nature Immunology

    Responsiveness of B cells is regulated by the hinge region of IgD

  • Research Article全文

    Published date:2015年5月1日 | doi: 10.1038/ni.3141

    RIKEN Center for Integrative Medical Sciences (IMS)0.04

    WPI-Immunology Frontier Research Center (IFReC), Osaka University0.04

  • Nature

    Structural basis of CpG and inhibitory DNA recognition by Toll-like receptor 9

  • Research Article全文

    Published date:2015年4月30日 | doi: 10.1038/nature14138

    Graduate School of Pharmaceutical Sciences / Faculty of Pharmaceutical Sciences, UTokyo0.5

    Center for Experimental Medicine and Systems Biology (CEMSB), UTokyo0.25

    Japan Science and Technology Agency (JST)0

    Graduate School of Engineering, Osaka University0.19

    U-Medico Corporation0.06

  • Nature Communications

    Structural basis for binding of human IgG1 to its high-affinity human receptor FcγRI

  • Research Article全文

    Published date:2015年4月30日 | doi: 10.1038/ncomms7866

    Graduate School of Engineering, UTokyo0.29

    Graduate School of Frontier Sciences (GSFS), UTokyo0.29

    Tosoh Corporation0.19

    Sagami Chemical Research Institute (SCRI)0.19

    Institute of Medical Science (IMSUT), UTokyo0.04

  • Nature Communications

    Granulocyte macrophage colony-stimulating factor is required for aortic dissection/intramural haematoma

  • Research Article全文

    Published date:2015年4月29日 | doi: 10.1038/ncomms7994

    Graduate School of Medicine / Faculty of Medicine, UTokyo0.65

    Jichi Medical University0.15

    Kurume University0.08

  • Nature Communications

    A cluster of noncoding RNAs activates the ESR1 locus during breast cancer adaptation

  • Research Article全文

    Published date:2015年4月29日 | doi: 10.1038/ncomms7966

    Kumamoto University0.56

    Kumamoto University Graduate School of Medical Sciences0.22

    School of Medicine / Graduate of Medical Sciences / Faculty of Medical Sciences, Kyushu University0.22

    Japan Science and Technology Agency (JST)0

  • Nature Communications

    Ablation of the p16INK4a tumour suppressor reverses ageing phenotypes of klotho mice

  • Research Article全文

    Published date:2015年4月29日 | doi: 10.1038/ncomms8035

    Japanese Foundation For Cancer Research (JFCR)0.67

    University of Tokushima Graduate School0.17

    Japan Science and Technology Agency (JST)0

    Tokyo University of Science (TUS)0.07

    Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science (IGAKUKEN)0.07

    Precursory Research for Embryonic Science and Technology (PRESTO), JST0

    Research Institute for Microbial Diseases (RIMD), Osaka University0.03

  • Nature Communications

    Inhibition of KRAS codon 12 mutants using a novel DNA-alkylating pyrrole–imidazole polyamide conjugate

  • Research Article全文

    Published date:2015年4月27日 | doi: 10.1038/ncomms7706

    Chiba Cancer Center0.71

    Graduate School of Science / Faculty of Science, Kyoto University0.18

    Nihon University School of Medicine0.06

プライバシーマーク制度