日本で最も有益なオンライン科学情報コミュニティーに参加しよう

日本で最も有益な
オンライン科学情報
コミュニティーに参加しよう

ネイチャー・パブリッシング・グループに登録すると...

  • 毎週発行される Nature の最新日本語ハイライトにアクセス
  • 毎月発行される Nature ダイジェスト の特別公開記事にアクセス
  • my natureasiaで自分だけのカスタムページを作成
  • プレス用に毎週翻訳される Nature 関連誌の日本語ハイライトにアクセス
  • NPG各誌論文の目次アラートをEメールでいち早くお届け

無料登録

すでに登録した方 ログイン »

Nature

Nature Index 2016 Japan

Nature Index 2016 Japanは、近年日本のハイインパクト論文発表数が減少傾向にあると報告。同時に、多くの機関が国内外の研究協力体制を強化していることを、肯定的な側面としてあげています。

Nature ダイジェスト

がんの進化を利用した治療戦略

腫瘍は遺伝学的に異なる細胞の集まりだ。それ故、抗がん剤の投与前から抵抗性の変異を獲得した細胞が存在していることもある。そして抗がん剤を投与するとその細胞が生き残り、競争相...

今月の無料コンテンツ

Featured articles:

Nature 特別翻訳記事

Nature Supplements

  • Nature Supplements

    疼痛

    Vol. 535, No. 7611
    2016年7月14日

Nature 日本語版 Focus

advertisement

オープンリサーチポータル

Open Research

オープンアクセスとは、学術研究結果にオンライン上で無料かつ無制限にアクセスできることをいいます。

Nature CommunicationsScientific Reports を初め、Nature Researchの出版物では、著者が自分の論文の出版形式を選択できるようになっています。

本サイトでは、オープンアクセスで出版できるジャーナルの一覧からオープンな研究データへの取り組みまで、幅広くオープンリサーチについての基本情報を提供しています。

Nature Microbiology

2016年1月創刊!
月刊オンラインジャーナル。微生物同士の相互作用をはじめ、宿主または環境との相互作用を含む、進化、生理学および細胞生物学あるいは社会的意義など、微生物に関するあらゆる分野を対象にしています。

創刊号無料公開中!2016年12月末まで

Nature Energy

2016年1月創刊!
月刊オンラインジャーナル。エネルギーの生成と貯蔵、供給と管理、さまざまな関係者のニーズや要求、エネルギー技術とエネルギー政策が社会に及ぼす影響などすべての側面を探究していきます。

創刊号無料公開中!2016年12月末まで

Nature Reviews Materials

2016年1月創刊!
材料科学と材料工学のあらゆる領域を対象にし、タイムリーで信頼性の高い「Review」と「Perspective」を掲載することを目的にした専門のレビュージャーナルです。

創刊号無料公開中!2016年12月末まで

今週の日本の研究論文

  • Nature Communications

    Terahertz spectroscopy on Faraday and Kerr rotations in a quantum anomalous Hall state

  • Research Article全文

    Published date:2016年7月20日 | doi: 10.1038/ncomms12245

    RIKEN Center for Emergent Matter Science (CEMS)

    Quantum-Phase Electronics Center (QPEC), UTokyo

    Department of Applied Physics, UTokyo

    Precursory Research for Embryonic Science and Technology (PRESTO), JST

    Institute for Materials Research (IMR), Tohoku University

  • Nature Communications

    Catalytic transformation of dinitrogen into ammonia and hydrazine by iron-dinitrogen complexes bearing pincer ligand

  • Research Article全文

    Published date:2016年7月20日 | doi: 10.1038/ncomms12181

    School of Engineering, UTokyo

    Institute for Materials Chemistry and Engineering (IMCE), Kyushu University

    International Research Center for Molecular Systems, Kyushu University

    Institute of Industrial Science (IIS), UTokyo

    Elements Strategy Initiative for Catalysts and Batteries (ESICB), Kyoto University

  • Nature Communications

    Zero-bias photocurrent in ferromagnetic topological insulator

  • Research Article全文

    Published date:2016年7月20日 | doi: 10.1038/ncomms12246

    RIKEN Center for Emergent Matter Science (CEMS)

    Quantum-Phase Electronics Center (QPEC), UTokyo

    Institute for Materials Research (IMR), Tohoku University

  • Nature Communications

    Dome-shaped magnetic order competing with high-temperature superconductivity at high pressures in FeSe

  • Research Article全文

    Published date:2016年7月19日 | doi: 10.1038/ncomms12146

    Department of Advanced Materials Science, UTokyo

    Institute for Solid State Physics (ISSP), UTokyo

    Department of Engineering Science, UEC

    Department of Physics, Kyoto University

  • Nature Communications

    Magnetic ground state of FeSe

  • Research Article全文

    Published date:2016年7月19日 | doi: 10.1038/ncomms12182

    Research Center for Neutron Science and Technology (TOKAI), CROSS

プライバシーマーク制度