Open Access

ネイチャー・ポートフォリオのオープンアクセス

私たちは、研究者、機関、資金分配機関、そして広く一般の人々のために、オープンリサーチとそれがもたらす恩恵の実現に向けて全力で取り組んでいます。ネイチャー・ポートフォリオは、OAでの論文出版を希望する著者のために、2021年1月よりすべてのすべての一次研究論文にOAオプションを提供を開始しました。


OAモデルでは、論文は出版と同時にオンラインで利用可能になり、購読者や購読機関だけでなく、世界中の誰もが無料で読むことができます。論文はクリエイティブ・コモンズのCC-BYライセンスのもとで公開され、誰でも再利用、共有、改変することができます。

私たちの完全OAジャーナル(Nature CommunicationsScientific Reports など)では、すべての論文が出版と同時にOA化されます。転換ジャーナル(2021年1月以降のNature およびNature 関連誌を含む)では、著者は、自分の好みや、資金分配機関や所属機関からのOA出版の要請、論文掲載料(APC)の資金源の有無などに基づいて、ゴールドOAでの出版か購読方式での出版のいずれかを選択することができます。

出版費用は、通常、著者の所属機関または資金分配機関が負担し、論文が受理された際に論文掲載料(APC)が支払われます。APCはタイトルによって異なり、Scientific Reports では1,570ユーロ、Nature では9,500ユーロとなっています。

オープンなアプローチは、科学の進歩を加速させます。

  • OA出版では即時にアクセスすることができ、発見性に優れています。誰もが、どこにいても、あなたの論文を読み、再利用し、改変することができます。
  • これまでに行われた研究から、OA出版が研究者にとって有利であることが示されています。OA論文の被引用数は非OA論文の平均1.6倍、ダウンロード数は4倍、ニュースや政策での言及回数として測られる注目度は2.5倍です1
  • 厳格な編集、さらに大きなリーチ:私たちのOAオプションは、強力な社内の編集チームの専門知識を基盤にしています。OA論文は同じ厳格な編集基準に従います。
  • 資金提供者からの要請に準拠:現在、多くの資金分配機関や研究機関が、資金提供の条件の1つとして論文のOA出版を要請しています。私たちは、著者がプランSを含むこうした要請に応えられるようにするために、すべての一次研究論文でOAオプションを選択できるようにしています。

1. Within the first three years of publication. Springer Nature hybrid journal OA impact analysis, 2018.

Inside Nature

Inside Natureで、ネイチャー・ポートフォリオのインフォグラフィックをぜひご覧ください。

ネイチャー・ポートフォリオジャーナルについて

プライバシーマーク制度