アーカイブ検索

2022年12月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「ミツバチはどうやって精巧な巣を作るのか? 」「鳥とコウモリはチョコ好きの友 」「心臓を拍動させる細胞を照らし出す色素 」「糖分の多い食事は肥満と闘う腸内細菌を不利にする」、他。

2022年11月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「エベレストの過酷な斜面は生物多様性に富んでいる 」「カヌーの上で飛び跳ねると前進できる理由 」「ラッサ熱ワクチン候補、サルで有効性を確認 」「抗体療法と抗がん剤の併用で致命的な腫瘍を食い止める」、他。

2022年10月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「海洋の塩分濃度から遠方の平野の豪雨を予測」「オレンジの繊維の中の栄養素が代謝を高める」「夜勤時の医師は鎮痛薬の処方が少ない」「昆虫は『生命の木』から広く遺伝子を盗んでいた」「免疫細胞でがんに先制攻撃」、他。

2022年9月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「広大な商業用植林がもたらす生物多様性の危機」「カーボンナノベルトにひねりを加えて『メビウスの輪』に」「植物の葉には虫のDNAが残されている」「動き回ってポンプにもなる、多才な折り紙ロボット」「わずかな温度変化を測定できる微小な温度計」、他

2022年8月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「ジンベエザメの命を脅かす大型船舶」「灌漑水路が乾燥地域を潤していた!」「高効率で低コスト、花の形の太陽エネルギー捕集装置」「釉薬を虹色に輝かせる金粒子」「大気中のヘリウム濃度上昇を確認も新たな謎」、他(2022年5月5日〜5月26日号)

2022年7月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「観光客が与えるおやつがイグアナの健康を害する恐れ」「瞬時に崩壊する「ひしゃげた」原子核」「埋め立て式ごみ処理場からポリスチレンを救う光」「妊娠中の軽症の高血圧について再考を促す臨床試験結果」他(2022年4月7日〜4月28日号)。

2022年6月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「排出ガスを工業用原料に変える改変微生物」「塩味が花粉媒介者を引き寄せる」「マダガスカルの巨大鉱山が生物多様性オフセットに成功」「ヘビは獲物の締め付けと呼吸を分けている」「膵島の凍結保存手法から糖尿病の治癒を目指す」他(2022年3月3日〜3月31日号)。

2022年5月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「夜に太陽光を利用する方法」「DNA鎖がブロックの自己組織化を促す」「ツタンカーメンの鉄剣は空からの贈り物 」他(2022年2月3日〜2月24日号)。

2022年4月号

Research Highlights: リサーチハイライト

「月の組成の偏りの謎は天体の衝突で説明できる」「Long COVIDに関連する血液マーカー」「ゾウの鼻には神経がぎっしり」他(2022年1月6日〜1月27日号)。

2022年3月号

Research Highlights: リサーチハイライト

大洪水と待望の湖水をもたらした 「空の川」、瞬発力で空に舞い上がった巨大翼竜、信号をやりとりするブロックでできた「生きた壁」、デジタル批評家が絵画と作者をマッチング、他(2021年12月2日〜12月23/30日号)

2019年10月号

Research Highlights: ルービックキューブを解くAI

ディープラーニングアルゴリズムが、ルービックキューブを効率よく解く方法を初めて身に付けた。

2019年1月号

2018年11月号

2017年9月号

Research Highlights: ネコの「世界征服」の始まりは新石器時代

200点を超えるネコの遺物や標本から、ネコが世界に分散し始めた時期と場所が明らかになった。

2017年8月号

Research Highlights: プラスチックを消化するイモムシ

プラスチックを消化するハチノスツヅリガの幼虫をヒントに、生物工学的なプラスチック分解方法が開発されるかもしれない。

2017年6月号

2017年4月号

2017年3月号

2017年2月号

2017年1月号

2016年9月号

2016年7月号

Research Highlights: 飛び回る蚊の軌跡を分析するアルゴリズム

特殊なビデオカメラ追跡システムを使って蚊の飛行を観察した結果、夜間、蚊帳の中で寝ている人がいる室内では、その頭の近くでほとんどの時間を過ごしていることが分かった。

2016年5月号

Research Highlights: 珍渦虫類の位置付け

脳も肛門も生殖巣もなければ、排泄器官も腸管もない。分類不能だった謎の動物の正体が、遺伝学の手法でようやく明らかになった。

2015年7月号

Research Highlights: 抗生物質に曝露されていない民族の腸内に耐性菌

ベネズエラの孤立民族、ヤノマミ族(写真)は、ヒトのマイクロバイオームについて報告された中で最も多様な腸内細菌を持っていることが明らかになった。

2015年6月号

2015年5月号

2014年6月号

2014年2月号

2014年1月号

2013年10月号

2013年8月号

2013年5月号

2013年7月号

2013年4月号

2013年2月号

2013年1月号

2012年10月号

2012年9月号

2012年6月号

2012年5月号

2012年4月号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度