採用情報

Nature Publishing Group

Nature は世界有数の週刊科学誌で、ネイチャー・パブリッシング・グループ(以下、NPG)が出版する雑誌の中でも最高のものです。Nature は、1869年(明治2年)に創刊されましたが、その当時掲げられた「創刊の趣旨」は、今なおNPGの拠であり、出版物のさらなる発展や新規技術の有効活用、そして増え続ける読者への優れたサービス提供の原動力になっています。

NPGは、1987年に、NPGの親会社であるマクミラン・パブリッシャーズ・リミテッドの完全子会社としてネイチャー・ジャパン株式会社(以下、NJKK)を設立し、アジア・パシフィック地域での活動を開始しました。それ以来、NJKKは、アジア・パシフィック地域におけるNPG事業の中心であり、また、メディカル・コミュニーケション部門(MMC)やサイエンス・コミュニケーション部門(MSC)など、地域独自の新規部門を立ちあげてきました。これらの部門はその後、世界各国で展開されています。

2012年現在、NPGでは、東京、香港、ソウル、台北、メルボルン、上海(マクミラン社が全額出資の外資系企業)の6つのオフィスで、編集、セールス、マーケティング、制作部門などで110人を超えるスペシャリストが働いています。

現在募集は行っておりません。

Antoine Bocquet

1869年(明治2年)の創刊時にNature は下記のような「創刊の趣旨」を掲載しました。この趣旨は140年経った現在も何ら変わることなく生き続けており、最新号の目次にも掲載されています。

第一に、科学研究及び科学的発見の重要な成果を、社会に公にすること。そして、教育や日常生活において科学の存在がもっと認められるように推し進めること。

第二に、自然科学のどんな分野の知識であっても世界中で起こった科学の進歩の情報をいち早く届け、そしてまた時折生ずる科学の色々な疑問を議論する機会を提供して、科学に携わる人々を支援すること。

  • 科学ジャーナルNature 日本印刷版及び電子版の発行
  • 同誌及び Nature 関連誌のアジア地区への販売、広告営業等
  • 医療用医薬品、医療機器などのプロモーションサポート、ジャーナルコンテンツサービス
プライバシーマーク制度