Volume 19 Number 3

人にも地球にも「ヘルシー」な食生活とは?

栄養が十分に取れて地球環境の脅威にならないこと。私たちが目指さねばならない食生活だ。2019年、栄養学者や生態学者らが「EAT–Lancet食」を発表した。それは誰もが実践できる内容ではなかったが、持続可能な食が注目されるようになった。そして現在、地域ごとに「最適な食物」を見定めるための研究が、世界各国で行われている。

目次

特別公開記事Free access

リサーチハイライト

リサーチハイライト

大洪水と待望の湖水をもたらした 「空の川」、瞬発力で空に舞い上がった巨大翼竜、信号をやりとりするブロックでできた「生きた壁」、デジタル批評家が絵画と作者をマッチング、他(2021年12月2日〜12月23/30日号)

20年を経たBRICSは互恵的な科学協力から前へ進めるか

20年を経たBRICSは互恵的な科学協力から前へ進めるか

BRICS諸国は、20年前に発表された政策研究報告書をきっかけとして、互恵的な研究協力を推進しているが、欧米主導の政策決定への参加は認められていない。

COVIDワクチン接種者では後遺症の報告が少ない

COVIDワクチン接種者では後遺症の報告が少ない

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の罹患に伴う倦怠感やその他の健康問題が、COVIDワクチン接種者では、ワクチン非接種者に比べて起こりにくい可能性がある。

「キラー」免疫細胞はオミクロン株も認識する

「キラー」免疫細胞はオミクロン株も認識する

SARS-CoV-2の新たな変異株の出現で、抗体による防御効果の低下が懸念されている。そうした中、ウイルス感染細胞を殺傷する「T細胞」にもっと注目すべきだという意見がある。

COVIDワクチンは妊娠中の人と胎児を守る

COVIDワクチンは妊娠中の人と胎児を守る

妊娠した人がSARS-CoV-2に感染すると、重症化するリスクが高い。それを裏付ける証拠があるにもかかわらず、ワクチン接種をためらう人は多い。

2022年日本国際賞は、RNAワクチンを可能にした2氏と、気候変動を炙り出した科学者に

2022年日本国際賞は、RNAワクチンを可能にした2氏と、気候変動を炙り出した科学者に

国際科学技術財団は2022年1月25日、ジャパンプライズ(日本国際賞)の受賞者を発表した。

Carla Daniel

Carla Daniel

Carla Danielは、西インド諸島大学を拠点とするバルバドス・ウミガメプロジェクトの現場責任者。

COVID-19流行初期の潜在的感染伝播の再構築

COVID-19流行初期の潜在的感染伝播の再構築

将来のパンデミックにうまく対応するには、SARS-CoV-2ウイルスがいかにしてこれほど急速に拡散したかを理解する必要がある。2020年初頭の監視活動では検出されなかった潜在的感染が、感染伝播についての1つのモデルから明らかになった。

PR

力を結集してSDGsに挑む

力を結集してSDGsに挑む

「持続可能な開発目標(SDGs)」が人々に示す方向性とは何か。誰一人取り残さないというSDGsの原則の下、多様な人々との協創はどうすれば可能なのか。東京大学の藤井輝夫(ふじい・てるお)総長と、シュプリンガー・ネイチャーのSDGプログラム長であるエド・ガーストナー(Ed Gerstner)が、共同イベントの開催を前に、お互いの組織の取り組みについて語り合った。

パンデミックから2年:私たちの取り組み

パンデミックから2年:私たちの取り組み

信頼性のある最新の知見を迅速に伝え、パンデミックに対する人々の理解をサポートすること。ネイチャー・ポートフォリオはその責務を果たすために、この2年間、SARS-CoV2およびCOVID-19関連の研究論文の出版に総力を挙げて取り組んでまいりました。しかしこれは、査読者の方々のご協力なしには実現し得ないことでした。

Publishing Academy

学術界サバイバル術入門 — 助成金を申請する④:申請書の作成

学術界サバイバル術入門 — 助成金を申請する④:申請書の作成

前回までで、申請書を説得力のあるものにする準備が整いました。今回は、研究計画調書などのフォーマットに沿って、研究提案を実際に作りましょう。

News in Focus

人類史上初めて太陽に触った探査機

人類史上初めて太陽に触った探査機

NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」は、ついに太陽の内側に入り、その大気の中をくぐり抜け、恒星に関する理解を深めるのに役立つデータを収集した。

トンガの火山噴火で大規模な重力波が発生

トンガの火山噴火で大規模な重力波が発生

フンガトンガ・フンガハアパイ火山の噴火で大気中に発生した重力波は、これまでに観測されたことのない規模だった。

小惑星にぶつけて地球を守る! NASAが初の実証実験

小惑星にぶつけて地球を守る! NASAが初の実証実験

NASAの宇宙機DARTが、2021年11月末に打ち上げられた。地球防衛戦略の実証のため、小惑星に衝突するのがその任務である。

ディープマインド社のAIが数学研究を支援

ディープマインド社のAIが数学研究を支援

数学分野に機械学習を活用できないか。そう考えた研究チームは、AIに大量のデータを学習させ、数学者たちが見逃していたパターンを探し出させた。それを数学者が証明するという、AIと人間の新たな協働の形は、大規模データセットを扱う他の研究分野にも役立つ可能性がある。

Features

乳児を守れ! 悲願のRSウイルスワクチン誕生へ

乳児を守れ! 悲願のRSウイルスワクチン誕生へ

呼吸器感染症を引き起こすRSウイルスにより、世界で毎年数百万人が入院し、数万人が亡くなる。ワクチン開発は半世紀もの間難航していたが、重要なタンパク質の構造解明とCOVIDワクチンでの知見の後押しにより、現在、4種類の新しいワクチンが後期臨床試験に入っている。

人にも地球にも「ヘルシー」な食生活とは?

人にも地球にも「ヘルシー」な食生活とは?

栄養が十分に取れて地球環境の脅威にならないこと。私たちが目指さねばならない食生活のことだ。「最適な食物」を地域ごとに見定めるための研究が、世界各国で行われている。

News & Views

水分子のパートナーを変えて水素生成のスピードを上げる

水分子のパートナーを変えて水素生成のスピードを上げる

革新的な実験手法をラマン分光法や計算と組み合わせることで、電極触媒表面における水の構造のわずかな変化が水素生成反応を加速し得ることが明らかになった。この触媒過程を発展させれば、クリーン燃料の供給増大に役立つ可能性がある。

量子論に虚数は不可欠か?

量子論に虚数は不可欠か?

標準的な量子論は、負の数の平方根を含む。しかし、こうした虚数は理論に不可欠なのだろうか? 虚数を含まない、量子論と類似した理論が誤りであることを証明する方法が提案され、実数のみの類似理論が誤りであることが実験で確認された。

3剤のトリプルパンチで胃がんを治療

3剤のトリプルパンチで胃がんを治療

腫瘍を標的とする治療で免疫細胞を利用することが増えてきている。このほど、このような免疫療法と他の標準療法を併用した治療法の臨床試験が胃がんを対象に行われ、その結果は有望なものであった。がんの治療法は変化しており、今後も変化がさらに続くと考えられる。

Advances

氷河のささやき

氷河のささやき

人間には聞こえない超低周波音で氷河崩壊を検出・監視。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度