Volume 19 Number 4

尿のリサイクルが世界を救う

尿は、栄養素に富んだ「価値ある資源」だ。下水から尿を分離することで、難しい環境問題のいくつかが緩和され、持続可能な形で肥料を供給することも可能になる。そうした取り組みは何十年も前から行われてきたが、普及に至っていない。「排泄」は生活の基本的な側面であり、そのやり方を根本から変える必要があるからだ。この障壁を越えるにはまず、トイレや尿そのものに対する見方や考え方を変える必要がある。

目次

特別公開記事Free access

ウィズコロナは続く:各国は適応の仕方を決めねばならない

ウィズコロナは続く:各国は適応の仕方を決めねばならない

次々に新たな課題を投げ掛けてくる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。この感染症との付き合いはこれからも続く。これは、オミクロン変異株が私たちに突き付けた現実なのだ。

オミクロン株の構造から急速な感染拡大を説明する

オミクロン株の構造から急速な感染拡大を説明する

SARS-CoV-2のオミクロン株は、感染の拡大は非常に速いが、患者の症状は以前の株よりも軽いように見える。ウイルスの構造を調べることで、その理由が見えてきた。

健康な人を新型コロナウイルスに感染させる実験で分かったこと

健康な人を新型コロナウイルスに感染させる実験で分かったこと

健康な人を新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に曝露して意図的に感染させる実験から1年、最初の論文が発表された。参加者のうち、感染したのは半数だけであり、その大半が軽症だった。

Tammy Hsu

Tammy Hsu

Tammy Hsuは、ヒュー社の共同設立者・最高科学責任者。

百寿者の腸内細菌の特徴から見えた、長寿の秘訣

百寿者の腸内細菌の特徴から見えた、長寿の秘訣

百歳以上の人たちの腸内細菌を調べる研究が行われ、長生きの秘密の1つが見つかった。百寿者の腸内細菌は、肝臓の分泌物である胆汁酸を代謝して、病原体に対し強い抗菌作用を示す物質を作り出していることが明らかになったのだ。宿主は腸内細菌により、感染症から守られていたわけだ。この研究を率いた本田賢也・慶應義塾大学教授に話を聞いた。

ロシアのウクライナに対する残忍な攻撃は不当であり、ロシアは軍事行動を停止すべきだ

ロシアのウクライナに対する残忍な攻撃は不当であり、ロシアは軍事行動を停止すべきだ

Nature は、ウクライナの研究コミュニティーと連帯し、国際的な学術的知識の交換も引き続き支援する。

Research Highlights

リサーチハイライト

リサーチハイライト

「月の組成の偏りの謎は天体の衝突で説明できる」「Long COVIDに関連する血液マーカー」「ゾウの鼻には神経がぎっしり」他(2022年1月6日〜1月27日号)。

News in Focus

孤立したブラックホールを初めて発見

孤立したブラックホールを初めて発見

宇宙をさまよう「孤立したブラックホール」が初めて発見された。超新星爆発の解明にもつながりそうだ。

薬剤耐性菌がもたらす驚くべき死亡者数

薬剤耐性菌がもたらす驚くべき死亡者数

2019年に薬剤耐性菌感染症によって死亡した人の数は、HIV感染症/AIDSやマラリアで死亡した人の数よりも多いことが、世界規模の調査で分かった。

セラノス事件の評決:全ての研究者が教訓を共有する

セラノス事件の評決:全ての研究者が教訓を共有する

セラノス事件の裁判は、バイオテクノロジー起業家たちに査読の重要性をはっきりと示した、と科学者たちは語る。

脊髄刺激は麻痺のある人々の歩行回復を助ける

脊髄刺激は麻痺のある人々の歩行回復を助ける

3人の脊髄損傷者の運動能力の一部がインプラントによって回復した。しかし、この治療はまだ初期段階にある。

ブタからヒトへ、初めての心臓移植

ブタからヒトへ、初めての心臓移植

遺伝的に改変されたブタ心臓が、生きている人に初めて移植された。これによって異種移植の分野が前進することを研究者らは願っている。

「千人計画」参加の米国化学者に有罪評決

「千人計画」参加の米国化学者に有罪評決

中国政府が進める人材招致計画への参加について虚偽の陳述をした罪で、ハーバード大学の著名な化学者が有罪の評決を受けた。そのさまざまな余波を報告する。

自国の鳥類調査を自分たちの手で ― コロンビア再調査プロジェクト

自国の鳥類調査を自分たちの手で ― コロンビア再調査プロジェクト

米国の科学者主導で行われた歴史的な鳥類調査から約100年、様変わりしたコロンビアの森林では今、現地の研究者たちが中心となり、地域に根差した方法で、鳥類の再調査プロジェクトが進められている。

Feature

尿のリサイクルが世界を救う

尿のリサイクルが世界を救う

下水から尿を分離することで、難しい環境問題のいくつかが緩和され、持続可能な形で肥料を供給することができると期待されている。しかし、生活の最も基本的な側面の1つを根本的に作り替えるには大きな障害がある。

News & Views

地球軌道の離心率が進化を方向付ける

地球軌道の離心率が進化を方向付ける

進化史上、プランクトンのサイズの多様性には「パルス」があり、それが地球の公転軌道の真円度と密接に関連していることが、化石の分析によって明らかになった。果たして、公転軌道の変動が進化のリズムを決めるビートになっているのだろうか。

水滴と水蒸気を分離する設計による高温表面のスプレー冷却

水滴と水蒸気を分離する設計による高温表面のスプレー冷却

高温表面に水を分散し、生じた蒸気に邪魔されずに表面を急速冷却する革新的な微細構造設計が報告された。この方法によって、より安全で効率的な発電が可能になるかもしれない。

妊娠合併症を血液検査で予測

妊娠合併症を血液検査で予測

母体の血液中に含まれる無細胞RNAを分析することで、妊娠の経過をモニタリングしたり、妊娠高血圧腎症と呼ばれる危険な妊娠合併症の発症を予測したりすることができる。

がんの進化につながる、非遺伝的だが受け継がれる経路

がんの進化につながる、非遺伝的だが受け継がれる経路

白血病の治療は成功しないことがあるが、その原因は完全には明らかになっていない。この種のがんの個々の細胞の細胞系譜追跡を行うことで、この現象を調べる方法が得られた。

Advances

サメ肌でスクラッチ

サメ肌でスクラッチ

魚たちが自ら進んで体をこすりつけている。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度