目次

Volume 15 Number 82018年8月号

気付いてないのはPIだけ?

科学の公正性に対する懸念の高まりから、研究者を不正行為へと駆り立てる要因について各国で研究が進められている。Natureも、研究室の文化がその健全性にどう影響しているかを独自に調査し、その結果、研究室の主宰者(PI)と他のメンバーとの認識の隔たりや、PIの指導力に対する不満が見えてきた。多くのPIが、管理や指導などのリーダーシップに関する訓練を受けないままその地位に就くからだ。

特別公開記事Free access

気付いてないのはPIだけ?

気付いてないのはPIだけ?

3200人の科学者を対象とする調査から、研究室の主宰者(PI)からのプレッシャーやPIの指導力に対する不満により、世界中の若手研究者がストレスをためていることが明らかになった。

ヒトの胚や幹細胞を用いる研究論文に新たなお願い

ヒトの胚や幹細胞を用いる研究論文に新たなお願い

NatureおよびNature関連誌は、ヒトの胚と胚性幹細胞を用いる研究論文を取り扱う際の出版方針を改訂しました。

News

はやぶさ2が小惑星リュウグウに到着!

はやぶさ2が小惑星リュウグウに到着!

今後は小惑星の表面に4機の着陸機を送り込み、自らもタッチダウンして試料採取を行う予定だ。

移民と難民は経済に好影響

移民と難民は経済に好影響

移民や難民の受け入れは国の経済と財政の重荷になるとみなされることが多いが、西ヨーロッパ15カ国の30年間の統計データを計量経済学の数学的モデルを使って分析したところ、この従来の見方に反する結果が得られた。

オットセイは1週間以上レム睡眠なしで過ごせる

オットセイは1週間以上レム睡眠なしで過ごせる

長期間海で過ごす哺乳類の中には、回復的な睡眠相であるレム睡眠を要求するスイッチを切っても、見かけ上悪影響がないものがいる。

ミツバチは「ゼロ」が分かる

ミツバチは「ゼロ」が分かる

ヒトやイルカのように「ゼロ」の概念を理解できることが判明している動物はごく少数だが、意外にもそこに昆虫が仲間入りした。

iPS細胞で心疾患治療

iPS細胞で心疾患治療

iPS細胞を再生医療に用いる第二の臨床研究計画が日本で承認。

火星の内部構造に迫る探査機

火星の内部構造に迫る探査機

謎に満ちた火星のコアの詳細を解明すべく、惑星の「鼓動」を聞き取る聴診器を搭載したNASAの探査機が火星に向かって飛行中だ。

ウィキペディアで最も引用された論文

ウィキペディアで最も引用された論文

DOI付きの論文についてウィキペディアでの引用回数を調べたところ、引用ランキング上位の論文の多くは遺伝子研究関連であった。

ヒトゲノム合成計画から目標を変更したGP-write

ヒトゲノム合成計画から目標を変更したGP-write

全ヒトゲノムの合成を目指していたGP-writeは、財源難により、その目標を「ウイルス抵抗性ヒト細胞株の作製」へと引き下げることを発表した。

TOOLBOX: ラボの在庫管理を見直す

TOOLBOX: ラボの在庫管理を見直す

ラボの在庫管理システムは、紙ベースのものから特注データベースまで、さまざまだ。最適なシステムを利用すれば、時間と費用とイライラを最小限に抑えることができる。

News Feature

研究室を率いるのに必要なスキル

研究室を率いるのに必要なスキル

PIは、リーダーになるための訓練を受けていない場合が多い。リーダーには何が必要かをまとめた。

Japanese Author

シナプス強度を制御する分子機序を解明

シナプス強度を制御する分子機序を解明

脳機能を支える神経回路は、神経細胞同士がシナプスというつなぎ目を介して複雑につながることで作られる。脳の情報や指令は、神経細胞内においては電気的に伝達されるが、シナプスでは神経伝達物質を内包した小胞を介して化学的に伝達される。しかし、伝達の強度を左右する小胞放出の場の数や、場の形成過程などは不明であった。このほど、廣瀬謙造・東京大学大学院医学系研究科教授らは、独自に開発した高感度のイメージング技術に分子の超解像可視化技術を組み合わせることで、場の形成に関わる分子実体の解明に成功した。

News & Views

酵母のゲノムシャッフリングがもたらす多様な未来

酵母のゲノムシャッフリングがもたらす多様な未来

大幅に再設計された酵母ゲノムは、オンデマンドで大規模に再配列できるよう構築されている。今回、このゲノムシャッフリング系の汎用性ならびに生物工学用途への応用の可能性を示した一連の研究が報告された。

フロン排出量が増加している

フロン排出量が増加している

クロロフルオロカーボン(フロン)は、成層圏オゾン層を破壊した主要な化学物質であり、こうした化合物の使用を制限する国際規則がある。それにもかかわらず、排出量が再び増加していることが、観測によって明らかになった。

太古の鳥の頭蓋が明かす鳥類進化の道筋

太古の鳥の頭蓋が明かす鳥類進化の道筋

鳥類が、祖先である恐竜の特徴を捨てて現在の特徴を進化させていた時代の、歯を持つ絶滅鳥類イクチオルニス。今回、この象徴的な化石鳥類の頭蓋が三次元でほぼ完全に復元され、恐竜から鳥類への移行の状況が明らかになった。

News Scan

窒素源としての堆積岩

窒素源としての堆積岩

植物を支えるこの元素について大きな供給源が見落とされていた。

Nature Highlights

Nature 2018年6/7 〜6/28号のハイライトを掲載しています。

2018年6月7日号

2018年6月14日号

2018年6月21日号

2018年6月28日号

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度