目次

Volume 15 Number 12018年1月号

AI時代の仕事と雇用

ロボット工学やクラウド・コンピューティング、モバイル技術などのデジタル技術は、この10年で著しく進歩した。特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者のあり方に革命をもたらすといわれる。AIが良きパートナーとなるか人間の雇用を奪うかをはじめ、デジタル技術の進歩が人間の仕事にどんな影響をもたらすのか、これまでのデータに基づき3つの観点から検証した。

特別公開記事Free access

実験者の性別がケタミンの作用を左右する?!

実験者の性別がケタミンの作用を左右する?!

マウスにケタミンを投与する実験で、投与者が男性の場合にだけ、マウスに抗うつ作用が見られることが報告された。

PR

第19回 Nature Café 〜芸術はなぜ人の心を動かすのか〜「音楽と医学の学問的融合の発展を目指して」レポート

第19回 Nature Café 〜芸術はなぜ人の心を動かすのか〜「音楽と医学の学問的融合の発展を目指して」レポート

音楽と科学。どちらかといえば対照的な2つの専門分野だろう。あまり接点もなさそうだが、本当にそうだろうか。両者が交わることで化学反応が生じ、新たな発見や創造のチャンスが広がったりしないだろうか。第19回Nature Caféでは東京藝術大学に場を借りて、音楽家と科学者が一堂に会し、このような可能性を議論した。

Editorial

遺伝子発現に対する遺伝的影響がヒト個体レベルで明らかに

遺伝子発現に対する遺伝的影響がヒト個体レベルで明らかに

多くの人々の主な体内組織の全てについて、遺伝子の発現調節に対する遺伝的多様性の影響を調べるという、念願の研究が結実した。

News

雷による光核反応を検出!

雷による光核反応を検出!

大気中で雷によって原子核反応が起こり、放射性同位体や陽電子を生成する明確な証拠が初めて得られた。

太陽系外からの初めての使者

太陽系外からの初めての使者

奇妙な軌道をとる謎の天体が発見され、集中的な観測の結果、この天体が太陽系外から飛来した恒星間天体であることが明らかになった。

4種の塩基置換に対応した「一塩基エディター」

4種の塩基置換に対応した「一塩基エディター」

CRISPR系の改変によって、DNAでもRNAでも個々の塩基を精密に書き換えられるようになっただけでなく、対応できる塩基の幅も広がった。

米国FDAの諮問委員会が遺伝子治療薬の承認を勧告

米国FDAの諮問委員会が遺伝子治療薬の承認を勧告

病因となる変異を標的にした遺伝子治療薬が、米国で初めて承認される運びとなりそうだ。

光子も「クーパー対」に 相当する対に

光子も「クーパー対」に 相当する対に

光子が、超伝導での「クーパー対」と共通する仕組みにより、物質中である種の対になるとみられることが分かった。

木星を深部から揺さぶる嵐

木星を深部から揺さぶる嵐

NASAの木星探査機ジュノーは、渦巻く風が作り出す有名な帯が表層だけの現象ではなく、数千kmの深さまで達していることを明らかにした。

TMT建設にゴーサイン

TMT建設にゴーサイン

新たな建設許可は出たものの、法廷での争いは続く。

国際単位系(SI)が変わる

国際単位系(SI)が変わる

より高精度の基準が、宇宙の測定方法を変えるかもしれない。

News Features

ゾンビ細胞を退治して若さを保つ

ゾンビ細胞を退治して若さを保つ

自ら死のうとしない老化細胞の除去が強力なアンチエイジング戦略になることは、すでにマウスで実証済みだ。そして今、ヒトを対象とする試験が始まろうとしている。

AI時代の仕事と雇用

AI時代の仕事と雇用

デジタル革命は世界の労働者のあり方をどのように変えるのか、3つの観点から検証する。

News & Views

衛星を使った量子鍵配送と量子テレポーテーションに成功

衛星を使った量子鍵配送と量子テレポーテーションに成功

量子通信は、古典的な通信方法に対して多くの利点を持つが、信号の伝送距離はこれまで数百kmが限界だった。今回、中国の2つの研究が人工衛星を使ってこの限界を破り、地球規模の量子通信ネットワークの実現に近づいた。

ハチを誘引するために花が編み出した「青色光の輪」の正体

ハチを誘引するために花が編み出した「青色光の輪」の正体

さまざまな花の花弁にナノ構造の反復的なパターンがあり、そこには種を超えて同程度の不規則性が認められることが分かった。さらに、この「一定の不規則性」は、散乱光との作用で青色光の輪を生み出し、ハチを引き寄せる目印となっているようだ。

News Scan

レジを変えて食習慣を変える

レジを変えて食習慣を変える

スーパーのレジ周りに健康的な食品を陳列すると…

食物の脳作用

食物の脳作用

不味いものを食べても快感物質が放出される

Nature Highlights

Nature 2017年11/2 〜11/30号のハイライトを掲載しています。

2017年11月2日号

2017年11月9日号

2017年11月16日号

2017年11月23日号

2017年11月30日号

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度