Volume 19 Number 1

数千億円の「脳地図」から見えてきたこと

「宇宙から地球を観察して、人間の会話を盗み聞きするようなもの」。そうたとえられる脳地図作りに、世界中の科学者たちが力を合わせて取り組んでいる。脳の細胞同士のつながりを把握することで脳が働く仕組みを理解し、医療につなげることが目的だ。各国の予算を合わせると約9000億円にもなるが、その取り組みは、脳神経科学に既に新たな視野をもたらしている。

目次

特別公開記事Free access

タンパク質ワクチンがCOVID-19のパンデミックを収束させるか?

タンパク質ワクチンがCOVID-19のパンデミックを収束させるか?

ノババックス社をはじめとするバイオテクノロジー企業が開発したタンパク質ワクチンが、間もなく登場する。多くの長所があると科学者たちは言う。

抗うつ薬フルボキサミンがCOVID-19による死亡リスクを低下させる

抗うつ薬フルボキサミンがCOVID-19による死亡リスクを低下させる

安価で広く使われている抗うつ薬が、軽症COVID-19患者の重症化を防ぐのに有効であることが明らかになった。

スキルス胃がんの全ゲノム解析で見えた治療標的

スキルス胃がんの全ゲノム解析で見えた治療標的

スキルス胃がんは進行が早く、発見されたときには手遅れのことが多い。それ故、研究用の検体を得るのが難しく、治療法の開発も遅れていた。今回、患者の腹水に含まれる細胞を用いることで、スキルス胃がんの網羅的ゲノム解析が初めて行われ、治療標的を見つけることに成功した。研究を行った国立がん研究センター研究所の間野博行所長と佐々木博己研究員に話を聞いた。

Brother Guy Consolmagno

Brother Guy Consolmagno

Brother Guy Consolmagnoは、バチカン天文台長、バチカン天文台財団理事長。

科学者は気候変動COPへの関与を続けなければならない

科学者は気候変動COPへの関与を続けなければならない

英国グラスゴーで開催されたCOP26で、主催者側が交渉の場に研究者を同席させなかった。ゼロカーボンの実現には、自然科学と社会科学の溝を埋める必要がある。

Publishing Academy

学術界サバイバル術入門 — 助成金を申請する③: 研究課題の準備(後編)

学術界サバイバル術入門 — 助成金を申請する③: 研究課題の準備(後編)

前回は、研究課題を明確に確立するために、新規性と関連性を検討し、練り上げました。今回は、確立した研究課題に付随する「目的」を練り上げていきましょう。

News in Focus

電子の固体状態の画像化に初めて成功!

電子の固体状態の画像化に初めて成功!

電子が結晶化した状態である「ウィグナー結晶」は微小で壊れやすく、直接観察が極めて難しい。今回、デバイスをグラフェンで覆い、その上から観察することによって、この電子の結晶の顕微鏡での撮影が可能になった。

ダイヤモンドが運んできた地球深部の貴重な鉱物

ダイヤモンドが運んできた地球深部の貴重な鉱物

ダイヤモンド片に封入されて地上に届けられた鉱物「デイブマオアイト」は、それ自体が、マントルの加熱に関わる放射性同位体を運ぶ媒体だった。

現生の家畜ウマの祖先と拡散の歴史が明らかに

現生の家畜ウマの祖先と拡散の歴史が明らかに

現生の家畜ウマの祖先については謎が多く、議論になっていた。このほど、古代ウマのDNA解析により、4000年前の西ユーラシアの草原に生息していたウマが遺伝的な起源であることが明らかになった。

さらに深まった中性子寿命の謎

さらに深まった中性子寿命の謎

中性子の寿命のこれまでで最も精度の高い測定結果が公表され、2種の測定方法の測定値の不一致はさらに明確になった。

炭化したタバコの種子を1万2000年前の人々の集落で発見

炭化したタバコの種子を1万2000年前の人々の集落で発見

石器時代の狩猟採集民も、タバコを噛んだり、燃した煙を吸ったりしていたようだ。それを示す最古の証拠が発見された。

Features

タンパク質を本来の場所で観察する

タンパク質を本来の場所で観察する

クライオ電子線トモグラフィーなどの最新の顕微鏡法によって、細胞の内部を、本来の密集した状態のまま可視化することが可能になった。

数千億円の「脳地図」から見えてきたこと

数千億円の「脳地図」から見えてきたこと

近年、世界中の科学者たちが力を合わせて脳の地図を作っている。これらの巨大プロジェクトから、脳の仕組みについて何が明らかになったのだろう?

News & Views

ヒト脳の進化の遺伝的交響曲

ヒト脳の進化の遺伝的交響曲

ヒトの脳の前頭前野は他の生物種よりも大きい。マウス、マカク、ヒトの脳の比較により、これらの違いの背後にある遺伝的・分子的要因のいくつかが明らかになった。

電磁石で非磁性体を操る

電磁石で非磁性体を操る

複数の電磁石を使って、磁性体でない金属物体に触れずに、金属物体を自在に動かすことができた。この方法は、SFの「トラクタービーム(牽引ビーム)」のように、宇宙でスペースデブリなどの危険な物体を動かす作業に使えるかもしれない。

腫瘍は、筋肉や神経を保護するシグナルを遮断する

腫瘍は、筋肉や神経を保護するシグナルを遮断する

ある種のがんは、人を消耗させ、衰弱させる悪液質という状態に陥らせる。今回、こうしたがんの悪液質マウスモデルにおいて、通常は筋肉の神経支配と量を保護している分子が、腫瘍によって阻害されることが示された。この発見は、致死的ながんを治療する方法につながるだろうか?

夜間絶食によって寿命が延びる可能性

夜間絶食によって寿命が延びる可能性

夜間を含んで長い絶食時間を作ると健康寿命が延びることが、ショウジョウバエを使った研究で示された。これは、夜間には、細胞内の物質が分解されてリサイクルされるオートファジーと呼ばれる過程が促進されることと関係している。

Advances

ビールの複雑さ

ビールの複雑さ

数千の分子種を化学的に追跡。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度