目次

Volume 16 Number 62019年6月号

細胞内の秘密の会話

タイプの異なる細胞小器官同士が結合していることが30年前に報告された時、誰もが「何かの間違い」だと思った。だが、ライブイメージング技術の進歩で、異なる細胞小器官同士が結合して物資を交換する様子が捉えられるようになると、風向きが変わった。さらに最近では、細胞小器官同士をつなぐ繋留因子がさまざまな疾患と関連することも分かってきた。

特別公開記事Free access

統計的有意性を巡る重要な論争

統計的有意性を巡る重要な論争

統計的有意性に代わる概念とは何だろう。それを探る作業は科学をますます難しくすると思えるかもしれないが、偽陽性や大げさ過ぎる主張、影響の見落としを避けるために役立つ可能性がある。

150年の次へ、<i>Nature</i> への期待

150年の次へ、Nature への期待

1869年11月4日に創刊されたNature。だが今日の学術研究の世界は、論文の電子化やオープンサイエンス化、研究の大型化が進み、創刊当時とは全く違う景色となった。Nature が共に歩んできた研究コミュニティーは、これからのNature に何を求めているのか。分野を切り開いてきた4人の研究者に聞いた。

News

ファージ感染した緑膿菌は免疫系から逃れやすい

ファージ感染した緑膿菌は免疫系から逃れやすい

細菌とウイルスの共生関係を加味することで、一部の微生物が体内で免疫寛容状態になる機序が説明できるかもしれない。慢性感染症のより良い治療法につながる可能性もある。

超深海にすむ動物のゲノムを初めて解読

超深海にすむ動物のゲノムを初めて解読

マリアナ海溝に生息する魚類のゲノム塩基配列から、超高圧下で生物が生きる仕組みの手掛かりが得られた。

宇宙滞在の影響が双子研究で明らかに

宇宙滞在の影響が双子研究で明らかに

長期間の宇宙滞在の影響は、地球帰還後数カ月でほぼ消えた。

フィリピンの洞窟で発見された未知のヒト属

フィリピンの洞窟で発見された未知のヒト属

ルソン島で見つかった骨片は5万年以上前に存在していた短身種であることが明らかになり、ホモ・ルゾネンシスと命名された。

遺伝子編集ベビー問題に本腰を入れるWHO

遺伝子編集ベビー問題に本腰を入れるWHO

WHOの諮問委員会は、ヒトゲノム編集に関わる研究の登録システムが必要だとする見解を示した。

遺伝子編集で動物の「代理父」を作り出す

遺伝子編集で動物の「代理父」を作り出す

雄の動物に別の雄の精子を作らせる「代理父」の手法は、一部の家畜で望ましい形質を迅速に普及させるのに役立つ可能性がある。

地球温暖化対策を訴える「学校ストライキ」を科学者らが支持

地球温暖化対策を訴える「学校ストライキ」を科学者らが支持

地球温暖化対策を訴えて若者たちが学校をストライキする運動が世界中で広がり、多数の科学者たちがこの運動を支持する声明に署名した。

TOOLBOX: 文献検索を高速化するプラグイン

TOOLBOX: 文献検索を高速化するプラグイン

論文PDFを迅速に入手するのに役立つブラウザ・プラグインを紹介する。

News Features

細胞内の秘密の会話

細胞内の秘密の会話

細胞の機能を担う働き手である細胞小器官同士は、科学者たちがこれまで考えていたよりもはるかに盛んに対話している。

痛みを生む経路に性差あり

痛みを生む経路に性差あり

これまで何十年間も、痛みを発生させる機序に性差はないと考えられてきたが、近年、性別によりその経路が異なっていることが分かってきた。

News & Views

ずらして重ねると輝きを放つ二次元材料

ずらして重ねると輝きを放つ二次元材料

2種類の単原子層材料を重ね合わせて得られるモアレ超格子構造では、光学特性をねじれ角のみで変化させられることが4例の研究から明らかになり、こうした二次元ヘテロ構造が秘める大いなる可能性が示された。

マラリア原虫を蚊体内で死滅させる

マラリア原虫を蚊体内で死滅させる

殺虫剤を使った蚊の駆除はマラリアとの闘いに貢献してきたが、殺虫剤耐性が深刻化している。このほど、宿主である蚊をマラリア原虫を標的とする薬剤に曝露させる方法が考案され、モデル研究でその有効性が示唆された。

コウモリインフルエンザウイルスの宿主細胞受容体の特定

コウモリインフルエンザウイルスの宿主細胞受容体の特定

コウモリインフルエンザウイルスが宿主細胞に感染する仕組みはこれまで分かっていなかった。今回、このウイルスが、MHCクラスIIタンパク質という広範な生物種に存在する細胞受容体に結合することが明らかになり、ヒトに対する潜在的リスクの懸念が浮かび上がった。

セロトニンは核に移行してヒストンを修飾する

セロトニンは核に移行してヒストンを修飾する

ヒストンタンパク質の機能は、特定の化学基の付加や除去によって修飾され得る。今回、セロトニン分子の付加という新たなヒストン修飾が見つかった。この修飾も他のヒストン修飾と同様に、遺伝子発現に影響を及ぼすようだ。

News Scan

できるロボット

できるロボット

シミュレーションを通じて歩き方を事前に学習した四足ロボット。

Nature Highlights

Nature 2019年4/4〜4/25号のハイライトを掲載しています。

2019年4月4日号

2019年4月11日号

2019年4月18日号

2019年4月25日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度