目次

Volume 16 Number 42019年4月号

周期表の発展を支えた女性科学者たちの物語

2019年は、メンデレーエフが元素の周期律を提案して150周年に当たる。だが、周期表は1人の科学者が作ったものではない。同時期に同様の概念を提案した科学者は他にもいたのに、なぜメンデレーエフの提案が支持されるようになったのか。それに、周期表を形作る上で重要な役割を果たした女性科学者たちの功績はあまり知られていない。彼らの足跡をたどることで、周期表の発見と発展の全体像が見えてくる。

特別公開記事Free access

磁極の動きが速過ぎる!

磁極の動きが速過ぎる!

北磁極の異例の動きにより、世界のナビゲーションシステムの基礎になっている世界磁気モデルが予定を前倒しして更新された。

研究者のためのキャリアアップ術

研究者のためのキャリアアップ術

科学者として積み上げた経験を生かせる仕事に就くための秘訣を、5人の科学者が伝授する。

Editorial

元素周期表150周年

元素周期表150周年

メンデレーエフが最初の周期表を発表してから150周年となる2019年は、化学の過去を振り返るとともに化学の未来に思いをはせる意義深い1年だ。

News

免疫療法に反応しやすい腫瘍を見分ける方法

免疫療法に反応しやすい腫瘍を見分ける方法

免疫療法を受けた患者の全生存期間の延長と、腫瘍変異量の高さに関連が見いだされた。だが、臨床でそれを調べるには課題が多い。

再プログラム化したヒト膵α・γ細胞でインスリン産生

再プログラム化したヒト膵α・γ細胞でインスリン産生

通常はインスリンを産生しない膵細胞を、インスリン産生細胞に改変できることが報告された。さらに、この細胞を移植した糖尿病マウスで、糖尿病の回復が確認された。

「ダイエット薬」は蚊にも有効

「ダイエット薬」は蚊にも有効

蚊にヒトのダイエット薬を与えたところ、吸血行動を抑制できた。だが、感染症対策とするには越えねばならない壁がいくつもある。

KAGRAが開く重力波天文学の新時代

KAGRAが開く重力波天文学の新時代

岐阜県の神岡鉱山の地下に建設された重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)は、高い感度を達成するために野心的な技術を採用している。その本格稼働が、2019年秋から始まる予定だ。

南極の氷底湖から微小な動物の死骸を発見

南極の氷底湖から微小な動物の死骸を発見

南極大陸の厚さ1kmの氷を掘削し、その下に埋もれた氷底湖に到達するという希少なミッションから、驚くべき発見があった。

ニューホライズンズが見た太陽系「最遠の天体」

ニューホライズンズが見た太陽系「最遠の天体」

NASAの探査機ニューホライズンズが、これまでで最も遠いカイパーベルト天体「ウルティマ・トゥーレ」の探査を行った。

霊長類の脳の「ソフトウエア」を調べる

霊長類の脳の「ソフトウエア」を調べる

単一ニューロンを追跡して霊長類の脳活動を調べる先駆的研究で、ヒトとサルの脳の「ソフトウエア」に違いがあることが分かった。

Comment

周期表の発展を支えた女性科学者たちの物語

周期表の発展を支えた女性科学者たちの物語

新元素の発見から既知元素の特性評価まで、周期表を形作る上で重要な役割を果たしてきた女性科学者たちに、化学史学者のBrigitte Van TiggelenとAnnette Lykknesが光を当てる。

News & Views

1つの抗体で全ての型のインフルエンザと闘う

1つの抗体で全ての型のインフルエンザと闘う

さまざまなインフルエンザウイルス株(ヒトで流行を引き起こすA型・B型を含む)を認識できる改変抗体が作製された。全てのインフルエンザウイルス株に対する「普遍的な」防御の実現に近づいたのだろうか。

父親由来のミトコンドリアがたどる運命

父親由来のミトコンドリアがたどる運命

生物学の基本原則の1つに、「細胞内のエネルギー生成を担うミトコンドリアとそのDNAは、母親のみから受け継がれる」というものがある。しかし、時にはミトコンドリアが父親からも受け継がれることを示唆する興味深い研究が報告された。

グリーンランドの氷河下からメタンが放出されている

グリーンランドの氷河下からメタンが放出されている

グリーンランド氷床下の堆積物中で生成するメタンが、夏季の融解水によって大気中に放出されていることが報告された。この結果は、氷河の融解がこの温室効果ガスの重大な全球的ソースとなっている可能性を示唆している。

角を回った向こうを影で見る

角を回った向こうを影で見る

障害物のために直接見通せない所(死角)を、直接見えている影の部分にある情報を分析することにより、普通のカメラで「見る」ことができることが実証された。この成果は、ロボット、自動車、医療用のセンサー技術に応用される可能性がある。

News Scan

酔っ払いの記憶

酔っ払いの記憶

飲酒と記憶に関する定説に誤りあり。

脳の特定部分に介入

脳の特定部分に介入

超音波ビームで薬剤放出。

Nature Highlights

Nature 2019年2/7〜2/28号のハイライトを掲載しています。

2019年2月7日号

2019年2月14日号

2019年2月21日号

2019年2月28日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度