Nature Reviews Materials

物理科学分野で初の Nature Reviews 誌

Nature Reviews Materials は、材料科学コミュニティーで熱心に読まれる初の学際的な専門レビュージャーナルとなることを目指します。そのために、材料科学分野をリードする研究者が執筆したタイムリーで信頼性の高い Review と Perspective を掲載します。バランスのとれた詳細な分析を特徴とするこれらの科学論文に加えて、一次研究論文の概要を編集部作成の Research Highlight の形式で掲載します。

Nature Reviews Materials は、Nature Reviews シリーズ初の物理科学ジャーナルです。生命科学と臨床科学の分野で成功を収めた極めて高い編集基準を誇る16の既刊 Nature Reviews 誌に、新たに加わります。また本誌は、2002年創刊のNature Materials を補完する役割を果たします。

Nature Reviews Materials は幅広い読者層の関心を集めるよう工夫されています

  • 材料科学のあらゆる領域の科学トピックをバランスよくカバーします。
  • 材料の形成、計測、モデリング、製造など、さまざまな視点から科学トピックを取り上げます。
  • 一次研究論文の概要を Research Highlight の形式で掲載します。

最新Review

  • 機能性材料のドメイン構造における非周期的なトポロジカル秩序

    Aperiodic topological order in the domain configurations of functional materials

    掲載

    ドメインやドメイン壁は、材料機能の設計に重要な意味を持つ。本Reviewでは、トポロジカルドメイン構造の新しい分類体系を提示し、マルチフェロイック材料、強誘電体、遷移金属ジカルコゲナイド、磁性超伝導体などの材料に適用している。

  • 次世代光検出器のための溶液プロセスで作製した半導体

    Solution-processed semiconductors for next-generation photodetectors

    掲載

    無機結晶半導体から作製した従来型光検出器は、達成可能な感度と小型化の点で限界がある。溶液プロセスで作製した半導体を用いた光検出器は、作製しやすさ、調節可能なオプトエレクトロニクス特性、良好な性能を兼ね備えているため、次世代光センシング用として可能性がある。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

  • ボトムアップ法が拓くナノカーボン科学の新局面

    伊丹 健一郎氏、瀬川 泰知氏、伊藤 英人氏

    1985年のフラーレン発見以来、ナノチューブやグラフェンなどのいわゆるナノカーボン類は社会に多大なインパクトをもたらしてきた。ナノカーボン類は現在、レーザー照射などでグラファイトを蒸発・凝結させるといった「トップダウン型」の手法で合成されることがほとんどだが、近年、ナノカーボン構造を有機合成の手法で構築する「ボトムアップ型合成」の研究が盛んになっており、この手法に関する総説がNature Reviews Materials 創刊号に掲載された。著者である名古屋大学の伊丹健一郎教授、瀬川泰知特任准教授、伊藤英人講師のお三方に、有機合成で作ることの意義と現状、今後の展望について伺った。

Nature Reviews Materials について

Nature Reviews Materials は、材料科学分野をリードする研究者が執筆したタイムリーで信頼性の高い「Review」と「Perspective」を掲載します。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

Nature Reviews Materials では、毎月1回、毎週発行される「Review」と「Perspective」と、最新号に掲載の他のコンテンツの概要、また関連する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度