Nature Reviews Disease Primers

Nature Reviews Disease Primers では、「Primer」と名付けたレビュー論文を掲載し、各疾患について網羅的に解説します。最新の臨床研究をはじめ臨床応用への課題も見据えた、信頼度の極めて高い世界的な見解を打ち出すことで、生物医学分野の研究者に有益な情報を提供します。実際の掲載論文は、疫学から発症機序、診断および治療までの項目により構成されており、その疾患のあらゆる側面について解説します。

Nature Reviews Disease Primers は、より専心的で専門分野に特化した臨床医学レビュー誌である『Nature Reviews』シリーズと補完的に連動しており、より幅広く充実したコンテンツをお届けします。あらゆる分野の疾患を取り上げて、多くの研究者・教育関係者の重要な情報リソースとなることを目指しています。

Nature Reviews Disease Primers の3つの特長

  • あらゆる医学専門領域のトピックスを網羅
  • 国際的に認められた科学者や臨床の専門家による執筆
  • Nature Reviews』シリーズの特長である高品質なデザイン

薬学図書館掲載記事

トランスレーショナルリサーチにフォーカスした学際的生物医学ジャーナル
Nature Reviews Disease Primers の創刊 ―

最新のPrimer

著者インタビュー

  • 先天性難聴

    2017年1月20日掲載

    宇佐美 真一氏
    信州大学医学部耳鼻咽喉科学教室 教授

  • 神経芽腫

    2016年11月10日掲載

    中川原 章氏
    佐賀県医療センター好生館 理事長

Editorial

発症機序から管理方法まで

Nature Reviews Disease Primers は、よく知られた疾患、加齢現象、行動症状、発達障害および栄養欠乏など、ヒトの健康に深刻な影響をもたらすさまざまなトピックスを取り上げている。

図書館へのオンライン購読推薦

法人のお客様は、Nature Reviews Disease Primers に掲載される定期購読分のコンテンツをサイトライセンスによって購読できます。所属機関の図書館にぜひご推薦ください。または、オンラインセールスにお問合せ下さい。

プライバシーマーク制度