Nature Human Behaviour

行動科学コミュニティーのための Nature 関連誌として、オンライン限定ジャーナルNature Human Behaviour を2017年1月に創刊しました。

Nature Human Behaviour は、社会科学と自然科学の幅広い領域から、人間行動の心理的・生物的・社会的基盤だけでなく、その起源、発達、障害も含めたあらゆる側面に関する、重要な研究論文を掲載します。扱うテーマは行動科学の全域にわたり、知覚、行動、記憶、学習、報酬、判断、意思決定、言語、コミュニケーション、情動、人格、社会的認知、社会的行動、政治的行動、信念体系、社会規範、社会構造、集合認知、集合行動、文化などが含まれます。

Nature Human Behaviour では、原著研究論文に加えて、人間行動に関する研究分野全体をカバーする Review、Perspective、Comment、News、Feature、Correspondence も掲載します。

Now Live!

Nature Human Behaviour 2017年1月に創刊しました。創刊を記念して、2017年1月号を期間限定、無料公開中です。

最新Research

  • 社会科学は結果主義になるべきか?

    Should social science be more solution-oriented?

    掲載

    Duncan Wattsは、社会科学の諸分野が具体的で扱いやすい実社会の問題を研究目的とすることの利点について考察し、解決策を重視する社会科学の例を挙げ、その有効性を論じる。

  • 「再現可能な科学」のためのマニフェスト OPEN

    A manifesto for reproducible science

    掲載

    再現性をめぐる議論をリードする研究者たちは、科学的プロセスの鍵となる要素を最適化できるような方策の採用を求めている。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Human Behaviour に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Human Behaviour では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Human Behaviour に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度