Nature Electronics

Now open for submissions

Nature Electronics は、2018年1月に創刊されるオンライン限定ジャーナルです。

Nature Electronics は、科学者、技術者、産業界の研究者による、エレクトロニクスのあらゆる領域の基礎研究と応用研究の成果を掲載します。本誌の主眼は、新しい技術の開発と、こうした技術的進歩が社会に及ぼす影響を理解することにあります。

2018年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Electronics 創刊号のコンテンツを2018年12月末まで無料公開いたします。ぜひご覧ください。

最新Research

ディープニューラルネットワークに向けたエッジインターフェースのスケーリング

Scaling for edge inference of deep neural networks

掲載

今回の「Perspective」では、エッジインターフェースが求められる状況において、ますます大規模化するディープニューラルネットワークに必要な計算の複雑性やエネルギー効率と、現状のCMOS技術のスケーリングにより実現可能なハードウェア容量との間にあるギャップに焦点を当てる。また、こうしたギャップを埋めるのに役立つ可能性のある各種のアーキテクチャやアルゴリズムの技術革新についても議論する。

非弾性クーパー対トンネリングに由来する量子限界近傍での増幅

Near-quantum-limited amplification from inelastic Cooper-pair tunnelling

掲載

マイクロ波放射と、電圧バイアスしたジョゼフソン接合を横切る非弾性クーパー対トンネリングとの相互作用を用いることにより、DCで動作するマイクロ波増幅器が量子ノイズ限界に近づいた。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

異常ホール効果を利用した、不揮発性メモリーの新しい記録技術開発

飯浜 賢志氏、谷口 知大氏、久保田 均氏

電流を流す配線部に安価でありふれた鉄系の磁石を使うことで、記録書き込みエラーが極端に低くなる新しい「面内電流型磁気メモリー」を作製することに、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)スピントロニクス研究センターの久保田均総括研究主幹らの研究チームが成功した。配線部を磁石にすることで発生する異常ホール効果で、記憶層の磁化の変化の確実性が高まり、記録の信頼性が高まることは、理論的には予言されていた。が、それを実証したのは、今回が世界初。省電力で、安価な不揮発性の磁気メモリー(MRAM)の実用化につながる成果で、2018年1月に創刊されたNature Electronics 2月号に掲載された。異常ホール効果を利用して磁化を確実に制御できることを提唱した谷口知大主任研究員、それを実証した論文第一著者の飯浜賢志さん(日本学術振興会特別研究員)に研究開発の狙い、経緯、今後の展望について聞いた。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Electronics に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Electronics では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Electronics に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度