Nature Machine Intelligence

2019年1月創刊!

2019年に創刊されたNature Machine Intelligence は、変化のめざましい人工知能(AI)や機械学習、ロボット工学の分野における原著論文や総説を掲載するオンライン限定ジャーナルです。

投稿論文受付中!

図書館への法人向けサイトライセンス購読のご推薦

2019年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Machine Intelligence 創刊号のコンテンツを期間限定無料公開いたします。ぜひご覧ください。

最新Research

自然知能の愚かさの研究から得られた教訓を人工知能にいかす

Lessons for artificial intelligence from the study of natural stupidity

掲載

人工知能や機械学習システムはバイアスを再現したり増幅したりすることがある。著者らは人間の学習や意思決定のバイアスに関する文献について議論し、研究者や政策立案者や一般市民が機械によるアウトプットや決定を評価する際には、そうしたバイアスを意識するべきであると提案している。

単語のベクトル表現から文脈に特有の相互作用ネットワークを構築する

Context-specific interaction networks from vector representation of words

掲載

生物医学論文は豊かな知識源であるが、十分に活用されているとは言いがたい。INtERAcTは、分子相互作用を推定するために、がん関連の論文のコーパスで訓練された単語の埋め込みを利用している。このアルゴリズムは、小さなサイズのコーパスでも、10種類のがんに関連する分子パスウェイを再構築することができる。

その他の「最新Research」

コレクション

人工知能の学際性

2018年9月

人工知能は、コンピューター科学、ロボット工学、認知科学を、科学、産業、社会の多くの領域における革新的な応用へとつなげる、極めて学際性の高い活発な分野である。人工知能の研究は今日、人間および物理的世界と安全に相互作用する、適用範囲の広いAIシステムを開発することを目指している。…

その他の「コレクション」

Nature Machine Intelligence ブログ

マシン・インテリジェンスのための学際的フォーラム

今回創刊するNature Machine Intelligence は、研究コミュニティーがこうしたテーマについて討論するためのフォーラムとして、人工知能とロボット工学に関する幅広いトピックを探ります。刊行の目的は、この分野をさまざまな科学分野と結びつけ、近年の進歩が、科学、社会、産業にとって何を意味するかを論じることにあります。

このブログは、Nature Machine Intelligence の編集長Liesbeth Venemaと、シニアエディターTrenton Jerdeによって書かれました。

メールマガジン登録

Nature Machine Intelligence では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Machine Intelligence に関する最新情報をお届けします。

メールマガジン登録

プライバシーマーク制度