Nature Computational Science は2021年1月創刊のオンライン限定の月刊ジャーナルで、成長を続ける計算科学分野の基礎研究と応用研究の両方に関心を持っています。

本誌は、計算手法や数理モデルの開発と利用や、さまざまな科学分野にまたがる複雑な問題に対処するための応用に焦点を合わせたジャーナルです。本誌の主な目的は、学際的な研究を促進し、新しい計算手法が多くの研究分野に応用されるように促すことにあります。

最新Research

データサイエンスにおける因果関係を擬似実験により定量する

Quantifying causality in data science with quasi-experiments

掲載

観測データから因果関係を推定することは困難であるが、擬似実験は、実世界のさまざまな問題に適用できるもっともらしい仮定を用いた因果推論手法を提供する。

コンピューターを利用した既存薬再開発戦略の推進にCOVID-19パンデミックの教訓をいかす

Lessons from the COVID-19 pandemic for advancing computational drug repurposing strategies

掲載

既存薬再開発のための計算科学的アプローチは、パンデミック下における治療法の特定を加速することができる。このReviewでは、COVID-19パンデミック下におけるコンピューターを用いた既存薬再開発について論じ、将来のパンデミックの際に、より効果的なアプローチにするための戦略を提案する。

その他の「最新Research」

コレクション

計算科学研究コレクション

間近に迫ったNature Computational Science の創刊を記念し、他のNature 関連誌のコンテンツを集めて、さまざまな領域で計算科学がどのように展開し、実践されているかを紹介します。

その他の「コレクション」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Computational Science に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度