Nature Computational Science

Nature Computational Science は2021年1月創刊のオンライン限定の月刊ジャーナルで、成長を続ける計算科学分野の基礎研究と応用研究の両方に関心を持っています。

本誌は、計算手法や数理モデルの開発と利用や、さまざまな科学分野にまたがる複雑な問題に対処するための応用に焦点を合わせたジャーナルです。本誌の主な目的は、学際的な研究を促進し、新しい計算手法が多くの研究分野に応用されるように促すことにあります。

最新Research

SARS-CoV-2パンデミック下の入院治療に関する国の最適な優先順位決定方針

Optimal national prioritization policies for hospital care during the SARS-CoV-2 pandemic

掲載

パンデミック下の現在、各国はCOVID-19患者を優先的に入院させる方針を採用している。著者らがこれに替えて提案するオープンソースの枠組みでは、すべての疾患と患者のための入院治療を最適にスケジューリングすることで、全体の生存年を増やすことができる。

スケーラブル光学習演算子

Scalable optical learning operator

掲載

光コンピューティングは高速計算を約束するが、非線形情報処理については課題がある。本Articleでは、機械学習タスクを実行できる、スケーラブルでエネルギー効率の高い非線形光コンピューティングの枠組みを実証する。

その他の「最新Research」

コレクション

計算科学研究コレクション

間近に迫ったNature Computational Science の創刊を記念し、他のNature 関連誌のコンテンツを集めて、さまざまな領域で計算科学がどのように展開し、実践されているかを紹介します。

その他の「コレクション」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Computational Science に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度