Nature Metabolism

2019年1月創刊!

2019年に創刊されたNature Metabolism は、オンライン限定ジャーナルで、代謝についての基礎科学研究から生物医学研究やトランスレーショナル研究まで、代謝研究の全領域を対象としています。

Nature Metabolism は、代謝研究に関するあらゆる領域の質の高い研究に注目しており、基礎研究の科学者と産業界の研究者を結びつけます。本誌の幅広い対象範囲により、すべての代謝研究者に刊行された優れた研究内容を確実にお届けします。

図書館への法人向けサイトライセンス購読のご推薦

Nature Metabolism注目のハイライト

その他のハイライト

最新Research

ショウジョウバエにおいて発育チェックポイントは飢餓に対する戦略として代謝リモデリングを指示する

A developmental checkpoint directs metabolic remodelling as a strategy against starvation in Drosophila

掲載

発育チェックポイントは、将来の生存を確保する目的で、代謝物の利用を調節するのに重要である。理研生命機能科学研究センターの山田貴佑記たちは、数学的モデル化を用いて、ショウジョウバエ(Drosophila)の幼虫の代謝調節にエクジステロイドが中心的な役割を担っていることを明らかにした。

ミトコンドリアピルビン酸輸送体欠損マウスにおける心不全の栄養調節

Nutritional modulation of heart failure in mitochondrial pyruvate carrier–deficient mice

掲載

心筋の代謝柔軟性の障害は、糖尿病や心不全における心機能障害に関連している。 McCommisたちは、心機能にはミトコンドリアでのピルビン酸利用が重要な役割を担っていることを明らかにし、拡張型心筋症マウスモデルにおいて食餌介入により心臓での脂肪代謝を高められることを示した。

その他の「最新Research」

おすすめのコンテンツ

ミトコンドリアのリポイル化が褐色脂肪熱産生の加齢に伴う低減を統合する

Mitochondrial lipoylation integrates age-associated decline in brown fat thermogenesis

Nature Metabolism

掲載

Nature Metabolism 1, 9 | doi: 10.1038/s42255-019-0106-z (2012)

可溶型RANKLは生理的に必須ではないが腫瘍の骨転移を加速させる

Soluble RANKL is physiologically dispensable but accelerates tumour metastasis to bone

Nature Metabolism

掲載

Nature Metabolism 1, 9 | doi: 10.1038/s42255-019-0104-1 (2012)

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

記憶T細胞形成のカギを握るのは、脂質代謝

中山 俊憲氏、遠藤 裕介氏

麻疹やおたふく風邪などは、一度かかると、再び発症することはほとんどない。これは、免疫細胞が病原体のタンパク質を記憶していて、再感染の際に速やかに応答しているからだ。このような免疫記憶の中心となる記憶T細胞の産生に脂肪酸代謝が関わっていることを、千葉大学大学院医学研究院教授で研究院長の中山俊憲さんとかずさDNA研究所オミックス医科学研究室室長の遠藤裕介さんらの研究グループが発見し、新創刊のNature Metabolism 2月号に発表した。

プライバシーマーク制度