Nature Reviews Chemistry

純正化学と応用化学のさまざまな領域をカバーする Review、Perspective、Research Highlight、Commentary を掲載するオンライン限定 Review ジャーナルNature Reviews Chemistry を2017年1月に創刊しました。

最新Review

量子電磁力学的な光-物質相互作用の記述から新しい分光学まで

From a quantum-electrodynamical light–matter description to novel spectroscopies

掲載

量子電磁力学(QED)は、化学分野で実験分光学を補完する理論的枠組みとしてこれまでで最も完全なものである。QEDは複雑であるため、実際に適用できるようにするにはいくつかの近似が必要である。本Reviewでは、一部の近似が破綻するとどのように光–物質相互作用の理解に疑問が生じるかに注目し、新しい理論展開がこうした近似問題の克服にどう役立つかについて論じる。

触媒反応のための分子機械

Molecular machines for catalysis

掲載

複雑な分子機械を用いて生物系の能力を模倣して化学反応を制御する合成システムを設計することは、ナノテクノロジーの長年の夢である。本Reviewでは、生物系の複雑さを模倣し始めたばかりの触媒設計において、分子スイッチングと分子運動の制御の進歩がどのように利用されているのかについて論じる。

Nature Reviews Chemistry について

Nature Reviews Chemistry は、純正化学と応用化学のさまざまな領域をカバーする Review、Perspective、Research Highlight、Commentary を掲載するオンラインジャーナルです。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

Nature Reviews Chemistry では、毎月1回、毎週発行される「Review」と「Perspective」「Comment」と、最新号に掲載の他のコンテンツの概要、また関連する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度