Nature Reviews Chemistry

純正化学と応用化学のさまざまな領域をカバーする Review、Perspective、Research Highlight、Commentary を掲載するオンライン限定 Review ジャーナルNature Reviews Chemistry を2017年1月に創刊しました。

Now Live!

Nature Reviews Chemistry 2017年1月に創刊しました。創刊を記念して、2017年1月号を期間限定、無料公開中です。

最新Review

一電子移動がきっかけとなって生じるラジカルカスケード反応

Radical cascade reactions triggered by single electron transfer

掲載

本Reviewでは、一電子移動によって開始されるカスケード反応について検討している。開殻中間体は、反応性が高いだけでなく、高い選択性で反応する。したがって、単純な出発物質から複雑な高価値生成物を生成するカスケード反応では、理想的な中間体となる。

Cas9の化学とCRISPR関連タンパク質群

The chemistry of Cas9 and its CRISPR colleagues

掲載

CRISPR–Cas系は、特定の核酸配列をプログラマブルに切断できるので、精密ゲノム工学に用いられてきた。本Reviewでは、単一エフェクターCRISPR–Casタンパク質による干渉の化学と分子機構について検討している。

Nature Reviews Chemistry について

Nature Reviews Chemistry は、純正化学と応用化学のさまざまな領域をカバーする Review、Perspective、Research Highlight、Commentary を掲載するオンラインジャーナルです。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

Nature Reviews Chemistry では、毎月1回、毎週発行される「Review」と「Perspective」「Comment」と、最新号に掲載の他のコンテンツの概要、また関連する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度