Research Press Release

【生物地球化学】金の粒子を生み出すユーカリ?

Nature Communications

2013年10月23日

Biogeochemistry: Does gold grow on trees?

ユーカリ属(Eucalyptus)の木の葉から金粒子が検出され、埋没した金鉱床を探し出すための新しい方法が明らかになった。この新知見は、到達しにくい地中深くに埋没した金鉱床の発見に結びつく可能性がある。

ユーカリ属の木の周辺の土壌から微量の金が時々見つかるのだが、これまで未発見だった金資源の上にユーカリが生えているのか、それとも金の粒子が風でこの木に運ばれてきたのかを確かめるには、その地域に多大な迷惑をかけて、地中深くまで掘削してみないと簡単にはわからない。今回、Melvyn Linternたちは、X線画像化の一種を用いて、ユーカリの葉、小枝と樹皮の中に自然発生の金粒子が含まれていることを発見し、この方法が、土地の侵襲的な掘削をせずに金粒子を特定するうえで役立つ可能性を明らかにした。Linternたちは、地下35メートルの地点に金鉱床があり、その上に生えているユーカリが乾燥条件下で水分源を求めているうちに、この金鉱床から金粒子を吸収するようになったという見方を示している。現地試料とLinternたちが行った温室実験から、ユーカリに害を及ぼさない濃度の微量の金粒子が根から吸収されて、葉などの末端部に輸送され、その結果、金粒子の濃度が末端部で最大値を記録したことが示唆されたのだ。

過去10年間に金の発見量が45%減少したことを考えると、気候と植生の成長と埋没金鉱床の結びつきは、鉱物探査のための新技術の開発に役立つかもしれない。

doi:10.1038/ncomms3614

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度