Research Press Release

技術:自動運転車をより安全に走行させる新しいアルゴリズム

Nature Machine Intelligence

2020年9月15日

Technology: Self-driving cars drive more safely with new algorithm

自動運転車を安全に走行させるのに役立つアルゴリズムについて詳述した論文が、今週、Nature Machine Intelligence に掲載される。

自動運転車にとって、安全性はいまだに大きな課題である。自動運転車は、人間の運転手のように集中力を失ったり疲労したりすることがないため、路上での交通事故の件数を減らす可能性がある。しかし、過去に遭遇したことのない状況に迅速かつ適切に対応する能力は、人間の方がはるかに優れている。

発生し得る全ての交通状況について自動運転車を訓練することはできないが、他の道路利用者が合法的に運転している限り事故を起こさないような軌道を常に計算する枠組みを自動運転車に提供することはできる。今回、Christian Pekたちの研究チームは、自動運転車が軌道計画に関係なく事故を起こさないようにするアルゴリズムを発表した。このアルゴリズムは、他の交通参加者が物理的・法的制約に従うものと仮定して、予期せぬ出来事が発生した場合によりどころとなる安全な運転計画を計算することができる。Pekたちは、都市環境で記録された実際の交通状況をアルゴリズムで再現することで、このアプローチを検証した。その結果、アルゴリズムはどの時点でも安全でない経路は提案しないことが明らかになった。

自動運転車は、人間の運転手よりも安全な運転ができると信頼されるようになってはじめて広く普及することができる。今回の知見は、形式的検証が自動運転車の安全な挙動に寄与し得ることを示唆している。

doi:10.1038/s42256-020-0225-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度