Research Press Release

【気候科学】地球温暖化が米国の傷害死に与える影響を評価

Nature Medicine

2020年1月14日

Climate science: Impacts of global heating on US deaths from injuries assessed

パリ協定で想定されているような気温が1.5℃異常に高い年には、それが原因で米国本土(アラスカ州とハワイ州以外)で傷害による死亡が年間1601件も増える恐れがあるということを報告する論文が掲載される。

これまで、地球の気温変動に関連して生じる健康への影響は、主として感染症、心疾患、肺疾患などの慢性疾患の蔓延という観点で研究されてきた。気温の変動が傷害による死亡にどのように影響するかについてのデータは限られている。

Majid Ezzatiたちは、米国本土各地で38年間(1980~2017年)にわたって集められた死亡率と気温のデータを解析した。そして著者たちは、気温が1.5~2.0℃上昇するというパリ協定のシナリオを用いて計算モデルを開発し、月間気温の平均値からのずれが、意図しない傷害(溺水、交通事故、転落)と意図的傷害(暴行、自傷)に起因する死亡にどのような影響をもたらすかを決定した。解析は、年齢層、性別によっても分類した。すると、特に暖かい年には、死亡件数が推定で1601件増える可能性があることが分かった。増えると予測されるこの死亡件数のうち、84%は男性で、15~64歳が大半を占めると考えられる。

doi:10.1038/s41591-019-0721-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度