注目の論文

1回の注射で、サルを長期にわたってHIVから守る

Nature Medicine

2018年4月17日

Single injection for long-lasting HIV protection in monkeys

1回注射するだけでサルのHIV感染を最長20週も防げる、HIVを標的とする抗体の報告が寄せられている。この結果は、間欠的な接種でHIV感染を防げる抗体の予防注射が開発できたことを示している。

HIVについては30年以上にわたって研究が続けられてきたが、いまだにワクチンも治癒手段もない。しかしHIV特異的免疫応答の研究から、HIV感染者は、幅広いウイルス系統の感染を阻害する抗体を産生する場合があることが分かっている。このような抗体を用いて、ヒトHIV陽性患者のウイルスレベルの制御を試みる臨床試験や、サルにおいて感染防御能を調べる前臨床試験が行われている。

今回Malcolm Martinたちは、抗体の単回投与によって、サルのサル-ヒト免疫不全ウイルス(SHIV)感染を長期間防げることを明らかにした。この注射は2種類の異なるHIV中和抗体を修飾することにより開発されたもので、血液中の持続期間が、修飾していない抗体に比べ2~4倍に延びる。この修飾抗体を組み合わせて皮下注射すると、ほとんどのサルのSHIV感染を、20週間(中央値)防ぐことができた。

単回投与でHIV感染に対する持続的な防御を誘導できることから、この研究は、HIVワクチンがない現状で、HIV曝露前に年1~2回の投与でHIVを予防できる抗体を開発するための基盤となるだろう。

doi: 10.1038/s41591-018-0001-2 | 英語の原文

注目の論文

プライバシーマーク制度