Research Press Release

社会学:「デモクラティックAI」は資源の分配の仕方に関して人間が好む決定を下す

Nature Human Behaviour

2022年7月5日

Sociology: ‘Democratic AI’ makes popular decisions about how to distribute resources

人工知能(AI)のアルゴリズムによって、人々の間で資源を分配するための新たな仕組みが見つかる可能性のあることを明らかにした概念実証研究が、Nature Human Behaviour に掲載される。

人々が協力して得た利益をいかに分配すべきかは、哲学者、経済学者、政治学者の間で長年にわたって意見が分かれてきた。

Christopher Summerfieldたちは、「デモクラティックAI(Democratic AI)」と命名したAIシステムを訓練し、公共財の新たな再分配メカニズムの設計を試みた。研究チームはまず、数千人のボランティアに4人1組の投資ゲームをプレイしてもらった。このゲームでは、異なる額の資金を受け取ったプレイヤーは2つの選択肢のいずれか(自身の利益として保持するか、グループの資産として共有するか)を選ばなくてはならない(共有された資産は利子を付けてプレイヤーに分配される)。AIは、資産をプレイヤーたちへ再分配するための一般的な方針を見つけるよう訓練されており、これは、人間のプレイヤーがどの方針で再びプレイしたいかを問う投票の結果によって明らかになった。またAIシステムは、ベースラインの方針(蓄えられた資金を公平に再分配したり、あるいは各プレイヤーに各人の貢献度に比例して戻したりする)より、人々が投票する可能性の高い方針を見いだすことができた。他のボランティアが再分配者の役割を担うように求められた場合、ボランティアの戦略はAIの提示する戦略より好まれなかった。

今回の研究では、4人でプレイする「公共財ゲーム(Public Goods Game)」の特定バージョンのみが対象とされたが、著者たちは、今後の研究では「デモクラティックAI」のアイデアを拡張して、より大きな集団でより複雑度の高いゲームなどの他のシナリオにおいても有効であるかどうかを調べることができると考えている。

doi:10.1038/s41562-022-01383-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度