注目の論文

一流のスポーツ選手のパフォーマンスに腸内マイクロバイオームが関係する

Nature Medicine

2019年6月25日

Gut microbiome linked to performance of elite athletes

一流ランナーの腸内マイクロバイオームに含まれる特定の細菌が、選手のパフォーマンスの向上に役立つ可能性があることを報告する論文が、今週掲載される。

ヒトのマイクロバイオーム(ヒトの体内に住む微生物群)がヒトの健康に影響することが知られている。以前の研究で、運動とマイクロバイオームの変化との関連が示されたが、こうしたマイクロバイオームの変化がスポーツ選手のパフォーマンスにどのように影響するかは分かっていなかった。

今回Aleksandar Kosticたちは、ボストンマラソンの選手15人とランナーではない対照者10人から、マラソンの前後1週間にそれぞれ採取した糞便試料を解析した。その結果、運動後の選手の糞便中にはベイヨネラ属(Veillonella)の細菌が多くなること、また、ベイヨネラ属菌には乳酸(運動後の疲労に関連する代謝産物)の消費に必要な遺伝子が全て備わっていることが明らかになった。これらの結果は、スポーツ選手87人からなる別のコホートでも確かめられた。また別の実験で、Kosticたちは、マラソン選手の1人からベイヨネラ属の細菌株1種類を単離し、マウス16匹に投与した。その結果、この細菌を投与されたマウスは、対照群のマウスに比べて、トレッドミルテストの成績(走る時間の長さ)が13%上昇した。

doi: 10.1038/s41591-019-0485-4

「注目の論文」一覧へ戻る

プライバシーマーク制度