Press release

ネイチャー・リサーチ、編集者が指導する無料のオンライン・ピアレビュー・トレーニングの提供を開始

2017年9月13日

ネイチャー・リサーチは本日、無料のオンライン査読講座を開始いたしました。この講座では、査読(ピアレビュー)に初めて取り組む研究者や、査読スキルをさらに磨きたい研究者のニーズに応え、当社のジャーナルのエディターが指導に当たります。

Nature Masterclassesが開発したオンライン講座「Focus on Peer Review」では、NatureNature関連誌のエディターや、経験を積んだ査読者(ピアレビュアー)、ネイチャー・リサーチに出版経験のある著者たちへのインタビューを通して、査読の持つ複雑さの中にある重要な本質についての情報を提供します。

本講座は、合63本のビデオ、短いテキスト、クイズ形式のトレーニングなど広範なコンテンツからなっており、これによって、1)査読者の役割、2)査読レポートの作成、3)査読の倫理、4)査読における革新的な要素に重点を置きながら、総合的かつ実用的な査読過程の概要を学ぶことができます。

トレーニングにも登場するNature GeoscienceのシニアエディターAlicia Newtonは、「Focus on Peer Review」の開設について次のように語っています。「私たちは、査読者が科学の過程においていかに重要であることをはっきりと認識していて、査読者の貢献に対して心から感謝しています。我々は、査読者が査読をよりやりやすくなるよう支援したいと考えており、査読者、特に査読を初めて行う査読者のトレーニングに対する需要が非常に高いことも把握していました。」

さらにNewtonは次のように述べています。「毎週、当社のジャーナル編集チームは全ジャーナルにわたり、査読過程の調整を行うために多くの時間を費やしています。これは科学論文の質を確保・向上させるための作業であり、そうすることで、発見を進展させられるのです。『Focus on Peer Review』を通して、私たちは、NatureNature関連誌のエディターとしての経験を、インタラクティブな方法で直接的に皆さまと共有できるようになりました。こうすることで、査読者というこの極めて重要な役割をすでに担ってくださっている研究者の皆さまを支援するとともに、より多くの研究者に査読者になっていただけるよう背中を押すことができればと考えています。」

ネイチャー・リサーチのHead of Researcher ServicesHazel Newtonは、次のように述べています。「『Focus on Peer Review』は、査読者を志望する方にとって、また、自分のスキルをより高めたい査読者にとって、確かな基礎を提供します。近年ネイチャー・リサーチでは、科学者支援サービスを数多く提供しており、『Focus on Peer Review』は弊社の取り組みの表れでもあります。オンライン/対面型のトレーニングを提供するNature Masterclassesの他、Nature Research AcademiesNature Research Editing Serviceなども提供しています。これらは全て、研究者のニーズに応えるサービスであり、最終的にどのジャーナルで出版するかは関係ありません。」

今回の発表は、科学の質の維持に査読が果たしている重要な役割を讃えるグローバル・イベント、「ピアレビュー・ウイーク(Peer Review Week91117日)」に合わせて行われます。915日(金)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジにおいて、シュプリンガー・ネイチャーは、ネイチャー・リサーチとBMCエディターが参加するオープニング・イベント「Peer Review: What You Need to Know(ピアレビュー:知っておくべきこと)」のホストを務めます。

編集の方々へ:

ユーザーは、Nature Masterclassesウェブサイト上で登録することにより、コースに無料でアクセスできます。また、学術機関全体レベルでの無料アクセスについては、Nature Masterclassesチームまで、お問ください。


Nature Research(ネイチャー・リサーチ)について

ネイチャー・リサーチは、生命科学・物理学・化学・応用科学など多岐にわたる分野で高品質のジャーナル、オンラインデータベース、研究者を対象としたサービスなど、科学界への貢献を目的としたサービスから成るポートフォリオを提供しています。

Nature1869年創刊)は、世界をリードする、国際的な週刊科学ジャーナルです。Nature Researchは、幅広いNatureブランドの定期購読型ジャーナル、多分野を対象とするトップクラスのオープンアクセスジャーナルNature Communications、その他、Scientific Reportsなどのオープンアクセスジャーナル、学術機関や学会とのパートナーシップのもとに発行されるさまざまなネイチャー・パートナー・ジャーナルも出版しています。これらのジャーナルは、全体として、世界で最も重要な科学的発見のいくつかを掲載しています。

オンラインのnature.comには、1カ月当たり900万人を超えるユーザーが訪れ、Natureのニュース記事やコメント記事、そしてNaturejobsなどの科学求人サイトにアクセスしています。また、ネイチャー・リサーチは、オンラインおよび対面によるトレーニングや専門家による英文校正サービスなど、さまざまな研究者支援サービスも提供しています。

 

シュプリンガー・ネイチャーについて

シュプリンガー・ネイチャーは、発見の進展に貢献するために、信頼性が高く洞察に富む研究の出版を通して新領域の知識の成長を支えるとともに、オープンアクセスの促進を通じてアイデアや情報への世界からのアクセスを可能にします。

その実現に向けて、シュプリンガー・ネイチャーは研究コミュニティー全体に最良のサービスを提供することを目指します。著者が発見した知見を共有し、また他の研究者の研究成果を見つけ、アクセスし、理解できるようにすること、図書館員や研究機関をテクノロジーやデータのイノベーションを通して支援すること、高品質な出版サポートにより学会を支援すること、研究コミュニティーにとっての重要な課題に真摯に取り組むことなどがあります。

学術出版社であるシュプリンガー・ネイチャーは、SpringerNature ResearchBioMed CentralPalgrave MacmillanScientific Americanといった信頼されたブランドを有しています。

また、シュプリンガー・ネイチャーは、第一級の教育・専門出版社として、幅広い革新的なプラットフォーム、製品、サービスを通じて、質の高いコンテンツを提供しています。毎日、世界中で、当社のインプリント、書籍、ジャーナル、リソースは、数百万人の人々に届けられています。

詳細についてはnature.comをご覧ください。twitter公式アカウントは@nresearchnewsです。

ネイチャー・リサーチは、シュプリンガー・ネイチャーの一部です。

※本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。
英語プレスリリース

プライバシーマーク制度