Press release

Nature 関連誌 3誌(Nature Energy、Nature Microbiology、Nature Reviews Materials)の創刊

2016年1月10日

Nature Energy、Nature Microbiology、Nature Reviews Materials の3誌が Nature 関連誌 の仲間に新しく加わりました。

エネルギーの供給は、現代社会の中核にある重要課題です。近年、エネルギーの取得方法と利用方法、そして、我々の欲望を十分に満たせるエネルギーの確保の可否について、議論が続けられています。Nature Energy は、こうした議論の全ての側面(エネルギーの生成と貯蔵、配給と管理、さまざまな関係者のニーズと要求、エネルギー技術とエネルギー政策が社会に及ぼす影響など)を探究する極めて質の高い自然科学・社会科学の研究論文の出版に全力を傾けます。

Nature Energy チーフエディターのNicky Deanは、次のように話しています。「Nature Energy は、現代社会が抱えている、エネルギー分野の諸課題の解決に必要な学際的議論を推進していきます。創刊号には、新技術の商業化、二酸化炭素の回収と貯留の将来像、バッテリー科学研究、太陽電池研究、触媒作用研究、エネルギー問題の政策分析の研究など、エネルギー研究のさまざまな分野から寄せられた多種多様な論文が掲載されています」。

Nature Microbiology は、微生物学研究の最も優れた注目すべき進展についての理解を深めたいと考える研究者および政策担当者に向けたジャーナルです。Nature Microbiology では、微生物の進化、生理学的性質と細胞生物学的性質、他の微生物、宿主や環境との相互作用、微生物の社会的意義など、微生物のさまざまな側面を扱う極めて質の高い論文を掲載していきます。

Nature Microbiology チーフエディターのAndrew Jermyは、次のように話しています。「微生物学研究は、この10年の間に質的にも量的にも急速に成長しました。こうした重要な微生物学研究の成果を集めて広めていくことのできる Nature Microbiology を創刊できたことを、うれしく思っています。創刊号には、ウイルス培養系の開発、マイクロバイオーム研究の動向と展望、細菌病原性研究、バイオフィルム研究、真菌やウイルスの進化研究、共生研究など、微生物学のさまざまな分野から寄せられた、多種多様な論文が掲載されています」。

Nature EnergyNature Microbiology では、原著論文に加えて、Commentary、Review、News & Views、さらにはそれぞれのコミュニティーにおいて関心の高い問題をさまざま扱ったCorrespondenceも掲載していきます。

Nature Reviews Materials は、Nature Reviewsシリーズ初の物理科学系ジャーナルです。もちろん、信頼度と質の高い概説論文を掲載するという原則は堅持されます。本誌には、新しい研究テーマに取り掛かる材料科学者にとって参考になる入門的なコンテンツだけでなく、専門家にとって、示唆に富んでいて詳細に記述されたコンテンツも掲載されます。

Nature Reviews Materials は、この分野で最高位のジャーナルである Nature Materials の成功を基に創刊されました。材料の生成、計測、モデル化、製造に関する研究論文を掲載することで、実験室での発見から、機能性デバイスの実現までのパイプライン全体で材料科学を探究します。

Nature Reviews Materials チーフエディターのAlison Stoddartは、次のように話しています。「Nature Reviews Materials の創刊号には、エネルギー材料の計算機設計、光起電力デバイスの最新の進歩、超疎水性材料と疎氷性材料の表面特性、カーボンナノ構造体の合成、血管新生誘導材料の設計を概説する論文が掲載されています」。

Nature Energy、Nature Microbiology、Nature Reviews Materials の各誌は、他の全ての Nature 関連誌 と同様、社内の専任編集者チームを有し、公正かつ厳格な査読プロセス、高水準のコピーエディティングや制作、迅速な出版、そして、編集の独立性などの特徴を備えています。個人定期購読者の方はオンラインで購読することができ、また、法人の方はサイトライセンスによる購読が可能です。

創刊される3誌は、nature.comで利用可能なNature関連定期購読誌35誌のポートフォリオに新しく加わります。nature.comでは、論文著者と読者に対し、オープンアクセスの選択肢を増やしています。2015年にnature.comに掲載された論文の60%以上は、オープンアクセスで無料公開されています。

シュプリンガー・ネイチャーについて

シュプリンガー・ネイチャーは、研究、教育、専門領域において世界をリードする出版社の1つです。高い評価と信頼を得ている多くのブランドから成る革新的な製品やサービスを通して、高品質なコンテンツを提供しています。シュプリンガー・ネイチャーは、世界最大規模の学術書籍出版社であり、世界で最も影響力のあるジャーナルを多数発行しています。またオープンリサーチにおけるパイオニアでもあります。当社の50か国超に及ぶ従業員数は約13,000人で、売上高は15億ユーロです。シュプリンガー・ネイチャーは、ネイチャー・パブリッシング・グループ、パルグレイブ・マクミラン、マクミラン・エデュケーション、シュプリンガー・サイエンス+ビジネスメディアの合併により2015年5月に誕生しました。詳細についてはwww.springernature.comをご覧ください。

詳細は、次の担当者までお問い合わせください。
大場 郁子
シュプリンガー・ネイチャー
E:Ikuko.Oba@springernature.com

※本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。
英語プレスリリース

プライバシーマーク制度