Press release

世界トップクラスの研究成果を国・機関別にプロファイリングする新たな指標 Nature Index を発表

2014年11月12日

世界の2万の研究機関における高品質研究論文の出版状況を容易に分析できるNature Indexが本日ベータ版としてリリースされました。Nature Indexのリリースを記念し、今週号の Nature には、Nature Index 2014 Globalが付録として発行されます。Nature Index 2014 Globalは、Nature Indexのウェブサイト(natureindex.com)から無料でダウンロードできます。

Nature Indexのデータベースには、年間約6万件の研究論文が収録されます。それらの論文著者の所属機関は名寄せされているため、全世界の2万以上の研究機関について、研究機関別のパフォーマンスを容易に俯瞰できます。

Nature Indexは、研究者自らが投稿したいジャーナルとして選んだ自然科学系ジャーナル68誌の研究論文を対象としています。これら68誌は、第一線で活躍している現役科学者によって構成される2つの独立したパネルが選定しました。パネルの委員長を務めたのはそれぞれ、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのJohn Morton教授とキングス・カレッジ・ロンドンのYin-Biao Sun博士です。ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)は、パネルによる選定結果の検証として大規模な調査を行い、2800件の回答を得ました。NPGは、これら68誌の被引用数が、自然科学系ジャーナルの総被引用数の約30%を占めると推定しています。

Nature Indexでは直近12か月のデータのスナップショットを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で無料公開しています。利用者は、研究論文出版状況の分析が可能です。WEBサイトでは、各研究機関の論文総数について、直近12か月間の範囲で、また分野別に閲覧できます。世界トップクラスのジャーナルに掲載された総論文数はもちろんのこと、論文に対する各研究機関の寄与度を示す分数カウントも確認できます。分数カウントは、論文著者の所属機関の占める割合を元に算定されます。また、それぞれの研究機関について、国際・国内共同研究の比率や共同研究実施機関の一覧が表示されます。

Steven Inchcoombe(NPG CEO)は、次のように話しています。「研究はグローバルな営みであり、科学には、現代の社会が抱える課題の解決に寄与する力があります。NPGは、論文の出版や共同研究の状況を通して世界的な研究の動向を明らかにしていくことで、エビデンスに基づく政策決定や研究助成に貢献することを目指しています。私たちは、Nature Indexとその無料公開ウェブサイトが、既存の評価指標や分析ツールとは別の観点で、研究コミュニティーに役立つと考えています。今回、Nature Indexのベータ版をリリースしたのは、多くのフィードバックを得ることによって、今後の改良をお約束するためです」。

Nature Indexのリリースに併せて発行されるNature Index Global 2014には、2013年のデータの分析と解説が掲載されています。Nature Index Global 2014は、前述の68誌に多くの研究論文を出版した国々と研究機関にスポットライトを当てています。Nature Indexのデータからより深い知見を得られるように、人口統計データ、各国の研究開発への支出、科学政策と研究助成の傾向など第三者の各種情報も取り入れています。

Nick Campbell(Nature エグゼクティブエディター)は、次のように話しています。「Nature Indexは、科学論文とその成果の創出に寄与した研究機関についての新たな観点を提供しています。研究者が選んだ少数のジャーナルに限定することで、従来のものより的を絞っていて、つまり状況の変化により敏感な、新しいレベルでの分析を提供したいと考えています。ユーザーの皆様が、Nature Indexによって、研究のパターンを探り出し、トレンドを調べ、個々の研究者や研究機関の強みを分析し、研究機関や国相互の連携を調べられるようにしたいのです」。

Nature Indexに関する詳しい情報は、natureindex.comNature11月20日号の社説をご覧ください。Nature の付録であるNature Index 2014 Globalはオンラインで入手できます。

詳細は、次の担当者までお問い合わせください。
Alex Jackson
コーポレート・パブリック・リレイションズ
ネイチャー・パブリッシング・グループ
T: +44 (0)20 7843 4850
E:Alex.Jackson@nature.com

大場 郁子
ネイチャー・パブリッシング・グループ
E:Ikuko.Oba@nature.com

※本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。 英語プレスリリース

プライバシーマーク制度