Nature ハイライト

分子生物学:mRNA修飾を引き起こすヒストン修飾

Nature 567, 7748

トランスクリプトーム中には、RNAのアデニンのN6に対するメチル基付加(m6A)が広く見られる。J Chenたちは今回、このm6A修飾が蓄積する仕組みを調べた。その結果、転写伸長に関連するヒストンH3リシン36のトリメチル化標識が、RNAを修飾するメチルトランスフェラーゼ複合体を誘導することが明らかになった。この研究は、ヒストン修飾とRNA修飾の相互作用が、転写と同時に起こることを示している。

2019年3月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度