Nature ハイライト

化学生物学:アルキンを産生する微生物

Nature 567, 7748

アジドとアルキンの間での「クリック反応」(確実な結合を簡単に作る反応)は、生体分子を標識する方法として、化学生物学で幅広い用途が明らかになっている。その理由の1つは、アジドとアルキンはどちらも、in vivoで一般的な基質ではないことである。今回M Changたちは、末端アルキンを含むアミノ酸であるβ-エチニルセリンの微生物による生合成について報告している。このアミノ酸残基は、ハロゲンやアルケンを含む中間体に加えて、アレンと推定される中間体も関わる珍しい反応経路を介して作られる。さらに、この経路を大腸菌(Escherichia coli)に組み込んで、メチオニンの位置をプロテオーム規模で標識できることも明らかになった。これらの知見は、アルキン組み込みと「クリックケミストリー」がin vivoでも可能なことを示唆している。

2019年3月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度