Nature ハイライト

がんゲノミクス:乳がんの遅発性再発の予測を向上させる

Nature 567, 7748

乳がん患者の長期的な管理では、再発リスクを明らかにすることが必要だが、それはまだ達成されていない。再発予測が向上すれば、個別化治療改善の助けとなり、フォローアップ治療の質が高まるだろう。C Curtisたちは今回、長期間の追跡調査データを用いて、臨床エンドポイントと関連リスクをモデル化した。彼らはさまざまな再発リスクの前兆となる統合分子サブグループを明らかにして、遅発性再発グループを特定し、標準的な臨床共変量以上に予測に役立つと考えられる枠組みを示した。

2019年3月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度