The Nature Top Ten アクセスランキング

Nature アクセスランキングでは、前月nature.comで、最もダウンロードが多かった記事や論文をランキングしています。日本サイトでは、一部日本語要約も掲載しております。ここにおけるランクは、論文・記事の質、科学的重要性、引用回数などを示すものではありません。人気のあったコンテンツをお楽しみください。

1

外層を剥ぎ取られた超新星における放射性崩壊以外のエネルギー源

Nature 628 2024年4月25日

今回、外層を剥ぎ取られた超新星54例の光度曲線が解析され、放射性崩壊以外の駆動源が不可欠であることが明らかにされている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07262-x

2

海上でも使える光時計

Nature 628 2024年4月25日

今回、実験室での光原子時計に匹敵する精度の、小型で頑丈な光原子時計が開発され、実際に海上の船に搭載されて検証が行われたことが報告されている。

News & Views doi: 10.1038/10.1038/d41586-024-01022-7

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07225-2

3

バルク材料でも可能なバレー自由度制御

Nature 628 2024年4月25日

今回、トポロジカルな光場を用いてバルクのMoS2のバレー自由度を制御したことが報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07156-y

4

高性能デバイス向けの新たなグラフェンナノリボン成長戦略

Nature 628 2024年4月25日

今回、窒化ホウ素絶縁体の層間で、長い高品質グラフェンナノリボンを直接成長させて、望ましい電子特性を示すプラットフォームを得る戦略が報告されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07243-0

5

コロイドを用いた表面増強ラマン分光法による超高感度定量化

Nature 628 2024年4月25日

今回、コロイドを用いた表面増強ラマン分光法によって、さまざまな分子をフェムトモルレベルの濃度まで定量化できることが示されている。

News & Views doi: 10.1038/10.1038/d41586-024-01015-6

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07218-1

6

溶存態有機物の多様性の原因となる酸化的脱芳香族化

Nature 628 2024年4月25日

今回、溶存態有機物処理時の構造的多様性の発生の駆動因が、酸化的脱芳香族化であることが報告され、1つの酸素原子と3つの炭素原子と結合した四面体第四級炭素(OCqC3ユニット)が非常に豊富であることが見いだされている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07210-9

7

大洋中央海嶺軸における部分的な圧縮

Nature 628 2024年4月25日

今回、大洋中央海嶺軸における伸長テクトニクスが、海嶺斜面全域の短縮テクトニクスによって部分的に元に戻され得ることが、最近発生した一連の逆断層地震から立証されている。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07247-w

8

生物多様性の変化の評価における不確実性に目を向ける

Nature 628 2024年4月25日

今回、生物多様性の変化の大規模解析において、これまで捉えられていなかった空間的、時間的、系統発生学的な非独立性を考慮する処理方法が示された。この方法では、既存の手法と比べて局所スケールの傾向の予測の正確さが改善される。

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07236-z

9

機械学習で明らかになった昆虫の翅の動作

Nature 628 2024年4月25日

昆虫の翅の蝶番は、自然界において最も重要な関節の1つだが、極めて小さく高速で動くため、その運動を詳細に解明することは難しい。今回、画像化法と機械学習を組み合わせた学際的な手法によって、この構造の運動学的詳細が明らかにされた。

News & Views doi: 10.1038/10.1038/d41586-024-00912-0

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07293-4

10

ドクチョウの同所的な雑種種分化

Nature 628 2024年4月25日

今回、チョウの大規模集団におけるゲノム研究によって、ドクチョウ属のHeliconius elevatesが、親種からの生態学的形質の遺伝子移入を介して、同倍数体雑種種分化を遂げたことを示す証拠が得られた。

News & Views doi: 10.1038/10.1038/d41586-024-00858-3

Article doi: 10.1038/10.1038/s41586-024-07263-w

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度