Nature ハイライト

がん:グリオブラストーマの代謝脆弱性

Nature 567, 7748

ほとんどのがんでは、固有の代謝要求を満たすために細胞代謝の再プログラム化が起こっている。今回L Paradaたちは、グリオブラストーマ(神経膠芽腫)細胞で変化した代謝環境を標的とする薬剤を探すために、これらの細胞を標的とするが類似の正常細胞は標的としない化合物を慎重にスクリーニングして、グリオブラストーマの細胞死を誘導する低分子Gboxinを発見した。Gboxinはミトコンドリアの酸化的リン酸化複合体に結合して、F0F1 ATPアーゼの活性を阻害する。Gboxinは複数のマウスモデルで活性を示し、グリオブラストーマの増殖を抑制したが、正常細胞に対する明確な毒性は認められなかった。

2019年3月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度