Nature ハイライト

DNAナノテクノロジー:分子でアルゴリズムを実行する

Nature 567, 7748

ゲノムは、化学系が情報を記憶し処理して分子活動や構造形成を誘導できることを示す際立った例証となっており、分子による物質のプログラミングが可能になり実用化される可能性があるとの期待が高まっている。その目標に向けての第一歩は、単純な自己集合系がどのように分子相互作用を用いてアルゴリズムをコードして実行しているかを理解し、強力な計算プログラムを実行できるかどうかを明らかにすることである。今回D Woodsたちは、355個の自己集合DNAタイルが再プログラムによって多種多様なアルゴリズム(コピー、ソート、回文認識、リーダー選出、63までの計数など)を実行できることを報告している。今回の結果は、将来のプログラム可能な化学系において、分子の自己集合が信頼性の高いアルゴリズム構成要素として役立つ可能性を示唆している。

2019年3月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度