Nature ハイライト

幹細胞:骨における幹細胞ニッチの樹立

Nature 567, 7747

成長している長骨の骨端。
成長している長骨の骨端。 | 拡大する

Credit: JOSE LUIS CALVO MARTIN & JOSE ENRIQUE GARCIA-MAURIÑO MUZQUIZ / iStock / Getty Images Plus

発生期や新生児期において長骨の持続的な成長がどのように樹立・維持されているのかを理解することは、損傷後の骨の再生に影響を及ぼす上で重要である。今回A Chaginたちは、軟骨形成前駆細胞が、胚発生と出生後の段階で異なる挙動を示すことを見いだしている。彼らはマウスで、胎仔期および新生仔期の軟骨形成前駆細胞は急速な成長を確実に行い激減するが、その後、これらの前駆細胞は骨端成長板で幹細胞ニッチを形成し、近傍の細胞からのシグナル伝達によって長骨の成長に必要な軟骨細胞の持続的な供給を維持することを明らかにしている。

2019年3月14日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度