Nature ハイライト

有機化学:配向基不要の選択的C–H官能基化

Nature 567, 7747

一般的に芳香族化合物のC–H官能基化反応は基質の電子状態によって決まり、そうした反応によって複数種の生成物が生じることが多い。最近では、配向基を用いることによって位置選択性が実現されている。今回T Ritterたちは、この選択性の問題に対して、配向基を必要とせず、アレーンの置換パターンに依存しない位置選択性の高い方法を報告している。硫黄系ラジカル化学を用いることで、パラ位にチアントレニウム基を導入できる。チアントレニウム基は、合成の要として機能し、遷移金属触媒反応と光酸化還元触媒反応を通してさまざまな官能基に変換できる。著者たちは、アリール化ピラゾールを合成する新種のミニスキ反応を報告している。

2019年3月14日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度