Nature ハイライト

医学:炎症の有益な作用

Nature 519, 7541

炎症は、自然免疫や適応免疫を活性化するだけでなく、組織の修復や再生も誘導するが、そこに関与する機構はまだほとんど分かっていない。今回、実験的大腸炎のマウスモデルで、インターロイキン6ファミリーのサイトカインの共受容体であるgp130と、その下流エフェクターであるSrcやYes、YAP、Notchが関わる過程を介して、STAT3に依存しない治癒経路が活性化されることが明らかになった。

2015年3月5日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度