Nature ハイライト

生化学:天然変性タンパク質が担う調節機能

Nature 519, 7541

天然変性タンパク質(intrinsically disordered protein;IDP)は生理的条件下で決まった三次元構造をとることができないタンパク質だが、転写や翻訳といった細胞過程では重要な役割を果たしている。このようなタンパク質は、小さな領域が「結合に際して折りたたまれる」ことによって標的と相互作用することが多い。eIF4Eに結合する翻訳開始調節因子の4E-BP2の場合には、54番目から60番目までのアミノ酸からなるYXXXXLΦモチーフがこのような領域に当たる。J Forman-Kayたちは、完全長4E-BP2のアミノ酸残基T37とT46がリン酸化されると、T19–R62領域の無秩序な構造が秩序立った構造へと変化し、これによってリン酸化部位とは離れた位置にある54-YXXXXLΦ-60モチーフがβストランドの中に埋もれることを明らかにした。IDPがリン酸化に応じて折りたたまれ、結合部位が隠されるという仕組みは、シグナル伝達を調節するためのこれまで知られていなかった、そしておそらくは広く使われている方式であり、がんや自閉症スペクトラム障害の治療に応用できるかもしれない。

2015年3月5日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度