Nature ハイライト

免疫学:ワクチン様の作用を持つHIV-1侵入阻害剤

Nature 519, 7541

新種の非常に強力なHIV-1侵入阻害剤が見つかった。eCD4-Igと呼ばれるこの物質は、遺伝子治療用のベクターを使って送達でき、従来型のHIV-1ワクチンに代わる非常に有効性の高い薬剤となると考えられる。HIV-1は、細胞に侵入する際にその細胞受容体であるCD4にまず結合し、次いで共受容体CCR5もしくはCXCR4と結合する。新しい侵入阻害剤eCD4-Igは、CCR5を模倣したスルホペプチドにイムノアドヘシンCD4-Igを融合させた形の分子で、HIV-1のEnvタンパク質にしっかりと結合して、これを不可逆的に不活性化する。M Farzanたちは、この阻害剤が大変広い範囲にわたって並外れた効力を発揮し、多様な中和抵抗性HIV-1の100%を中和できたことを明らかにしている。送達にアデノ随伴ウイルスを用いてマカクザルに投与したeCD4-Igは、ウイルスを使った複数回の攻撃投与でサルを感染から守ることが分かった。

2015年3月5日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度