Nature ハイライト

神経科学:摂食に対するカンナビノイドの複雑な作用

Nature 519, 7541

満腹により摂食は低下するが、これには視床下部のプロオピオメラノコルチン(POMC)ニューロンが役割を持つことがこれまでの研究で明らかになっている。このことから、摂食を促進するシグナルがPOMCニューロン活性を減弱する可能性が示唆される。今回、T Horvathたちはこの仮説を検討し、カンナビノイド摂食シグナルは意外にもPOMCニューロン活性を増強することを見いだした。この矛盾したPOMCニューロンの活性化は、満腹状態においてカンナビノイド受容体1の活性化により誘導される適切な摂食促進に不可欠である。著者たちは、摂食に対するカンナビノイドの総合的な作用は、互いに独立している前および後シナプス作用によって駆動されている可能性があり、全体的な行動変化をもたらすのは、それらの同期性であると結論している。

2015年3月5日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度