Nature ハイライト

分子生物学:IRESはオールマイティ

Nature 519, 7541

翻訳は全ての生物の遺伝子発現の中心であるが、リボソームの動員やタンパク質の合成開始に用いられるシグナルは、生物のドメインによって異なっている。真核生物も原核細胞もmRNAを翻訳するために高度に保存されたコアリボソーム構造を用いているものの、リボソームが認識するmRNA内のシグナルは真核生物と原核生物でそれぞれ独特である。J Kieftたちは、真核生物にも原核生物にも認識できる普遍的なシグナルがあるのではないかと考え、今回、ウイルス由来の真核生物エレメントIRES(internal ribosome entry site)がこの特性を持つことを報告している。IRESは、構造依存的に細菌および真核生物のリボソームに同様に結合するが、細菌では、IRESが結合するとリボソームの位置の変化が誘導されるのに対し、真核生物のリボソームではこのような変化は見られない。

2015年3月5日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度