Nature ハイライト

組織再生: 肝臓を再生する細胞は肝臓組織全体に分布している

Nature 556, 7700

哺乳類の肝臓は、生涯にわたって徐々に、そして損傷後にはロバストに再生する。これは主として、肝臓の解毒機能を担う肝細胞の再生を介して行われる。しかし、再生を担う肝細胞に特定の特徴があるのかどうかは分かっていない。テロメラーゼ活性は、細胞分裂の後にテロメアの長さを維持するために必要であり、この酵素は他の器官では多くの幹細胞集団に発現している。今回S Artandiたちは、マウスにおいてテロメラーゼを高レベルで発現する肝細胞の集団を突き止めた。これらの肝細胞は肝臓全体に分布しており、恒常的な状態でも損傷後でも、自己複製や分化を行って肝臓を再生する。

News & Views p.181
doi: 10.1038/d41586-018-02684-w | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.244
doi: 10.1038/s41586-018-0004-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年4月12日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度