Nature ハイライト

ウイルス学: ブタでのパンデミックを引き起こしたコウモリ

Nature 556, 7700

2017年、中国で数千頭のブタが新たなウイルスに感染し、下痢と嘔吐を起こして、最終的に死に至った。Z Shiたちは今回、ブタ急性下痢症候群コロナウイルス(SADS-CoV)と名付けたこの新たなコロナウイルスの起源を追跡し、コウモリにたどり着いた。彼らは、キクガシラコウモリ属(Rhinolophus)のコウモリ種(SARS関連コロナウイルスの自然界の保有宿主でもある)が、ブタから単離された新たなウイルスと96~98%のゲノム塩基配列同一性を持つ非常に近縁のウイルスを保有することを見いだした。この研究は、このウイルスの最も可能性の高い出現過程について詳細に説明し、コウモリが保有するウイルスの多様性を理解する必要をはっきりと示した。

Letter p.255
doi: 10.1038/s41586-018-0010-9 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年4月12日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度