Nature ハイライト

進化学: 脊椎動物のRNAウイルスの進化

Nature 556, 7700

RNAウイルスは、脊椎動物に重要な疾患を引き起こす多様なウイルスからなる1群であるが、研究は主に哺乳類や鳥類のRNAウイルスを中心に行われている。今回Y Zhangたちは、魚類、爬虫類、両生類のRNAウイルスについて調べ、約200の新しい脊椎動物特異的ウイルスを明らかにしている。興味深いことに、インフルエンザウイルス、アレナウイルス、フィロウイルス、ハンタウイルスを含む、哺乳類や鳥類に感染することが知られている全ての脊椎動物特異的ウイルスファミリーが、両生類、爬虫類あるいは魚類でも見られることが分かった。この研究により、RNAウイルスの多様性についての我々の理解が大きく広がり、著者たちは脊椎動物ウイルスの進化は、地質学的タイムスケールに及ぶ脊椎動物宿主の進化を反映していると結論している。

News & Views p.182
doi: 10.1038/d41586-018-03923-w | 日本語要約 | Full Text | PDF
Article p.197
doi: 10.1038/s41586-018-0012-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年4月12日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度