Nature ハイライト

宇宙物理学:局部銀河における効率の良い星形成

Nature 519, 7543

局部矮小銀河NGC 5253には、極めて効率の良い星形成の例を示す若い星団が含まれている。J Turnerたちは、この星団を、星形成効率が現在の銀河での観測値よりもずっと高かったと考えられている初期宇宙の小さな銀河のモデルと見なして、研究を続けてきた。彼らは今回、励起された回転準位から放射されるCO輝線を、大規模星団に当たる位置で検出したことを報告している。ガス雲は高温、高密度、静穏であり、大量の塵を含んでいることが分かった。このガス雲での星形成効率は50%以上であって、これは天の川銀河内のガス雲よりも10倍高い。この高い星形成効率は、銀河へのガス降着流による強制的な物質供給によって促進されている可能性がある。

2015年3月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度