Nature ハイライト

構造生物学:複製開始複合体ORCの構造

Nature 519, 7543

真核生物は、6個のサブユニットからなるDNA結合複合体である複製起点認識複合体(ORC)を用いて、DNA複製を開始する。J Bergerたちは、270 kDaのこの複合体の構造を3.5 Å分解能で解いた。ORCの輪状構造には切れ目があるために、二本鎖DNAを取り囲むことができるらしく、ミニクロモソーム維持2–7(MCM2–7)ヘリカーゼ複合体と結合するドメイン面が明らかになった。Orc1サブユニットが占める位置から、このサブユニットが複合体の自己阻害状態を調節し、細胞周期や発生の合図に応じて複製を開始する仕組みと考えられるものが示された。

2015年3月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度