Nature ハイライト

宇宙物理学:星形成が起こっている初期銀河の観測

Nature 519, 7543

初期宇宙の銀河を赤外線とミリ波の観測によって測定すれば、そうした銀河の詳細な性質が明らかになると思われる。しかし、大半の星を形成する銀河の典型である、塵が多くて金属豊富な銀河について、そうしたデータはこれまで得られていなかった。今回D Watsonたちは、典型的な星形成銀河である高赤方偏移銀河A1689-zD1の赤外スペクトルとミリ波長の連続観測結果から、その塵の質量、全星形成率、塵とガスの質量比が計算できることを示している。著者たちは、A1689-zD1の赤方偏移はz = 7.5 ± 0.2、全星形成率は年当たり12太陽質量であると算出した。この銀河は、星の質量が大きく、かなり進化が進んでいて、ガスに対する塵の比は天の川銀河のものに近い。

2015年3月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度