Nature ハイライト

有機化学:メタ位選択的C–H結合の活性化

Nature 519, 7543

今回、C–H結合の官能基化を目的として、離れたメタ位C–H結合を選択的に活性化するまた別の新しい手法が報告されている。この方法は、複雑なテンプレートを共有結合で付加する必要がないという点で、最近開発されたU字形テンプレートを用いるプロトコルよりも優れている。著者たちは、過渡的メディエーターとしてノルボルネンを用いて、単純で汎用的なオルト配向基によるメタ位選択的C–H結合の活性化を実現した。最初のオルト位C–H結合の活性化後、ノルボルネンによってパラジウム触媒をメタ位につなげるために、新たに開発されたピリジン系配位子が極めて重要な役割を果たしている。今回の成果は、製薬業界で応用される可能性のある新たなアレーン合成法を提示するものである。

2015年3月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度